<   2012年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

瞑想とダンス

c0158636_1115982.jpg
「Meditation @ Buenos Aires in Argentina」

c0158636_1123362.jpg
「Tango @ Buenos Aires in Argentina」


☆お知らせ☆
引っ越しました~「旅するDJの世界音楽至福のひととき」よろしくど~ぞ~。
[maitreya]こちらも、引き続きよろしくど~ぞ~。
[PR]
by laidbacktrip | 2012-05-25 01:15 | アルゼンチン

ありがとうパタゴニア。新しい旅。

この旅の大きな節目であったアメリカ大陸最南端の町「ウシュアイア」から、アルゼンチン首都「ブエノス アイレス」まで、3000km。
何日かかるだろうか。。。長距離バスなら48時間、2泊3日の距離。

もう、この寒さの中でヒッチハイクは、したくない!と正直思っていたが。。。何がそうさせるのか?血か?洗脳か?常世か?隠世か?
2ヶ月間旅したパタゴニア、最後までヒッチハイクで旅してみようと。人様の慈悲心と恩恵にあやかって、旅させてもらおうと。パタゴニアの心に飛び込んでみようと。


「ウシュアイア」から2台セダンに乗り、国境まで後80kmという何も無い分岐点まで来たが、すっかり日も暮れてしまい、寒くて寒くて、ありとあらゆる服や布を体に巻きつけて親指プレイ。
もう、何時間やってんだろう。。。低い太陽がさらに地平線に近づいている。1台も車が止まらない。。。運送会社の長距離トラックも止まらず。。。本日のミニマム目標地点までも辿りつけてない。幸先不安な日暮れ。
工場タウン「リオ グランデ」。この町には全く興味が無い、むしろ苦手。本心は、この町で泊まりたくない、国境まで行きたいよぉ~。
もうすぐ満月になる月が異様に美しく輝き、地平線がピンク色に染まっている夕暮れ。
とにかく極寒!今日は諦めてこの町で宿を探そう。。。と、町を循環している何度も見かけたバスを止めて乗り込む。

バス運転手:「どこへ、行くんだい?このバスは町の中心へ向かうよ。」
我が家:「国境へ向かいたいけど、ヒッチハイクの車が見つからないので、今夜は町で宿を探してみるよ。」
バス運転手:「そうか。このバスの最終便が1時間後だから、それまでヒッチハイクを再チャレンジしてみなよ。また1時間後ここへ来るよ。グットラック!」

と、いう事で、「寒くて寒くてぇぇ~どうしようもないんだよぉ~!」って縋る様に乗り込んだバスに、ヒッチハイクを勧められ、結局、バスを降りる事に。。。親切にも、バスの運賃も請求せず、ヒッチハイクのポイントまでバスで連れてってくれた。。。でも、太陽はとっくに地平線に沈み、今日の余韻だけが辺りを照らしている、そして本当に寒いのだ!
大きなお世話だよぉ!お節介だよ!親切すぎるよパタゴニア(笑!
寒くて外にいられないからバスに乗り込んだのにぃ!バスがヒッチハイクを推奨し、客を降ろすなんて!町の暖かい宿で寝かせてくれよ!なんで、ここまでヒッチハイカーの星の下なんだよ~(笑

で、この1時間という執行猶予期間付きのヒッチハイク開始。
だけど、散々車が見つからなくて諦めたヒッチハイクの続き、しかも、すっかり夜。暗いよ。外灯無いよ。

このバスの運転手が上げた「トス」で、見事「アタック」を決めれば、それはそれは美談なわけで。
多少強引気味な成り行きに、苦笑気味な我が家。
捨てる神あれば、拾う神ありなストーリーになり。
今夜は、国境までチリ人がわざわざ送ってくれた。車内は、工業製品の油の臭い、飴が美味しかった。外の星が綺麗だった。南十字星を探してみたけど、見つからなかった。何よりも温かかった。

とりあえず、1日目のミニマム目標地にはたどり着けた。
アルゼンチンとチリの国境のイミグレにある無料休憩所(暖房、キッチン、シャワー付)で寝る。フランス人のヒッチハイカーに教えてもらっていた場所。長距離バスや飛行機では通過してしまう場所。どんなところか見てみたかった。バイカー旅のイギリス人、フランス人と我が家の4名だった。がっつりやってる旅人との出会いは面白い、温かい部屋のベンチで安心して眠る夜だった。

翌朝、9時、イミグレがオープンする時間だ。不毛の大地に広がる朝焼けがとても美しい。国境開き待ちの車やトラックがずら~と並んでいる。
1台のトラックが、この先のチリ国境まで16kmという約束で、とりあえず乗せてくれた。アルゼンチンのトラックは、基本的にヒッチハイカーを乗せることは禁じられている事は知っている。それを承知の上でヒッチしてる事や、今までのヒッチ経歴も含めて、いろんな旅の話をした。そして、16km先の国境でお礼を言い、別れを告げ、次の車を探す事も告げると、この先まで乗せて行くよ。という展開になり。さらに、さらにと、「禁止なんだけどなぁ~」と言いながらも、結局2日間1500kmを共にした。何が禁止なのか最後までわからなかった。
なぜなら、トラックのおじさんと一緒に、国境を3度も渡り、マゼラン海峡もトラックに乗ったままフェリーだったし、スーパーマーケットでご飯を買いだしに行ったり、もちろんマテ茶も回しのみしたし、海を見に行ったりもした。
なんなら、「ブエノス アイレス」まで一緒に行こう!という展開にまでなってた。(笑)
c0158636_2129352.jpg

その甘い誘惑を振り切って、途中下車した。
なぜなら、「ペンギン」を見てみたかったから。今時期でも見れるのであれば。。。
「ウシュアイア」と「ブエノス アイレス」のちょうど中間地点の東に「カマロン」という小さな町があり、そこは「ペンギン保護区」。12月~4月上旬までは、子育てのためにペンギンがたくさんやってくる。で、今は5月。。。もしかしたら、1匹でも見れるんじゃないかと。。。
トラックのおじさんも協力してくれて、近くのガソリンスタンドやマーケットで、聞き込み調査。「今でも、数匹見れるよ」という情報を、「カマロン」に一番近いガソリンスタンドのスタッフから教えてもらい。「これは現実味のある情報だね~♪」と、ブエノス アイレス直行の甘い誘惑トラックを振り切って、行ってみたものの。。。
「ペンギン達は、今1匹もいません。先週、年老いたペンギンが数匹残っていましたが、みんなブラジルへ旅立ちました。」でした(笑。
いやぁ~それにしても、1500km北上すると温かくなるもんだね。余裕のテント泊。星と波の音でワイン。(アルゼンチンのミニシパルのキャンプ場はホットシャワーやら何やら充実している。公共トイレも国中無料。)
c0158636_21293482.jpg

で、またメインロードのR3まで110kmをヒッチハイクで戻り、またもや親指プレイ。
「この際、トラックじゃなくて、スポーツカーでビュ~ンっと行っちゃいたいよね~」なんて話してたら、プジョーが急ブレーキで止まり時速130kmの旅。
「神は何故、こんな地をお造りになったんだろうか?」とプジョーの中でアルゼンチン人が嘆くほど(笑)、不毛な大地。楽しみなのは、地平線で地球の丸みを感じられる事と、朝焼け、夕焼けロングセットショー。地球上には人間の住めない地があっても良いんじゃないかな。
今は無き日本銀行で勤めていたアルゼンチン人おじさんは、日本文化を懐かしみ楽しい車内。次の町までという最初の約束から、結局おじさんの住む1000km先の町まで乗せてくれることになり、さらに明日、家のランチにアルゼンチン料理を食べにおいでと招待してくれた!家で泊まれば良いからと寝るところまでお誘いを下さったが、流石に急すぎて寝る場所がなく、近くの安宿まで送ってくれて、次の日はランチのためにお迎えに来てくれた。ドアtoドアのヒッチハイク!(チリはヒッチ大国なので、こういうオマケ展開はなかなか無いんだけど。アルゼンチンは、乗せてくれる車は見つかりにくいけど、一度乗せてくれて話をすると熱烈な歓迎招待を受けることが多い。アツイのだ!)
c0158636_21305484.jpg

で、おじさんの家でアルゼンチン伝統料理だぞ~!というご自慢の「肉のみBBQ」(写真上)c0158636_21343381.jpg
薪を燃やして炭に火をつけ、「パリージャ」という網焼き。タレやソース無し。野菜も無し。塩を振りかけた巨体牛肉塊の部位祭り。
これをワインとやるのが、贅沢なアルゼンチンの過ごし方だそうだ。
本当に、アルゼンチン料理は肉ばっかりなんだね。肉食しないからしんどいよ(笑。
そういえば、一番最初にアルゼンチン入国した時にヒッチハイクしたトラックのおじさんと行ったレストランでは、前菜も肉のみ!牛肉酢漬け?おじさん食べてたな~(笑)(写真:宿のキッチン朝の風景。朝からドンだけ肉やねん!と関西弁になったほど「Pan de carne」ハムとチーズを牛肉ミンチで巻き、パン粉をつけて揚げる。キッチン中が肉臭すごくてノックアウト)

8名の子供と別れた前妻とのランチ会+旅人の我が家。
ヨーロッパ同様、パッチワーク家族だった。
c0158636_21314075.jpg

で、「ブエノス アイレス」まで500km地点だったが、ヒッチで乗せてくれた人たち全員が口を揃えて「ブエノス アイレスは治安が悪いから、ヒッチハイクで行くのは危険だ」と。
たしかに、ヒッチハイクで町の中心まで行ける可能性は低いし、万が一町外れや近郊の町でスタックしてしまったら、本当に身動き取れなくなってしまう。

今夜発の夜行列車がちょうどあったので、美味しいランチをご馳走になり、そのまま駅まで見送ってもらい、「バイヤ ブランカ」から「ブエノス アイレス」まで夜行列車の旅。
列車のチケットは「2等」、「1等」、「特等」の3種類。治安と快適さを買って、我が家は「特等!」に乗ることにした!日本の新幹線のイメージならグリーン席だろう、どんな快適列車の旅かと期待に胸膨らまして乗ってみたが、廃線に追い込まれつつあるアルゼンチンの列車は、「特等」なのに、「インドのSL」を座席にしたようなレベルだった。。。(笑)

「ウシュアイア」を出てから、4日間経っていた。
無事に、ヒッチハイク+列車で首都「ブエノス アイレス」に到着です。
c0158636_213814.jpg
c0158636_21442579.jpg
今、南米のパリと称されるレトロでアートな首都「ブエノス アイレス」を、大満喫中です。列車で到着しプラットホームで、パリ育ちの旦那が、「こりゃ南米の中のフランスだわ。」と思わず言ってしまうほど。いろんな人種が渡って形成された国アルゼンチン人は、どこかイスラエル人に似た雰囲気を感じさせ、ラテン血の濃いヨーロッパにちょっとイスラエル混ぜましたって感じの首都(わかりにくいね 笑)。24時間運行の市バスで彼方此方、土曜朝4時に市バス満席って!芸術や音楽の幅と厚みは都会ならでは。面白いよブエノス。サッカーもあるしね。
そして、とんでもなく有難いことに、パタゴニア旅で出会った方が、なんと高級マンションを貸してくれました。
旅の節目のアメリカ大陸最南端も終えて、久しぶりに旅の垢を落とすには相応しい絶好のタイミング。アートと祈り、ヨガやらマッサージやら避けても避けられない引力の様な、素晴らしい出会いとシナリオ。
c0158636_21393883.jpg


人様の心で、旅させてもらってます。
何かの形で、我が家も還元できたらと。
c0158636_21425318.jpg
金環日蝕でもあり新月でもある、宇宙レベルで特別な今日、5月21日。
7年前の今日は、家族だけで、結婚式を挙げた特別な日。
夫婦仲良く旅できる健康な体と心。そして、温かく見守ってくださる日本の家族や仲間に感謝します。
いつもどうもありがとうございます。

今秋には、日本へ。(たぶん、笑)
みんなに会えるのが楽しみ。

新しい旅のスタートですね。


☆お知らせ☆
引っ越しました~「旅するDJの世界音楽至福のひととき」よろしくど~ぞ~。
[maitreya]こちらも、引き続きよろしくど~ぞ~。
[PR]
by laidbacktrip | 2012-05-21 21:25 | アルゼンチン

ともだちんち。Casa de amigo en Buenos Aires

c0158636_12195258.jpg

[PR]
by laidbacktrip | 2012-05-13 12:22 | アルゼンチン

ルート3の仏陀満月(Full moon the day of birth Buddha of R3) @ Camarones in Patagonia

c0158636_3534930.jpg

[PR]
by laidbacktrip | 2012-05-11 03:55 | アルゼンチン

「南部パタゴニア後編。世界の果てまで親指連れで。」

冬に向かっているこの時期は、南緯を上げるにつれ、朝焼けが遅くなっていく(8~9時頃)、日中も太陽は高くならないので、常に斜陽で影が長く、遠くに広がる大自然の山々は、稜線を境に光と影がクッキリと現れていて色濃く、さらに美しさが増す。雪山好きには何とも堪らないシェイプだよ。(写真は、チリ国境手前、不毛の大地)
c0158636_4554475.jpg

「プエルト ナタレス」チリから「マゼラン海峡」を渡り、アルゼンチン国境へ。
世界最南端の島「フエゴ島」へ向かう。
けして多くない車を何台も乗り継ぐヒッチハイク。このエリアは石油関係のタンク車が多く、不毛の大地には工場が建ち、曇り空で空は低く灰色、なんとも殺伐とした景色。太平洋と大西洋を繋ぐ「マゼラン海峡」を渡るフェリーは殆どがトラックだった。我が家みたいな徒歩の人は無料。
フェリーの窓から夕焼けのマゼラン海峡を眺めていたら、シャチが泳いでいた!白と黒とハッキリとした背ビレが、水の抵抗を一切なくした完璧なシェイプで泳いでいた!
野性の生き物、たおやかで優美だな~。
c0158636_4561457.jpg

シャチとの出会いで素晴らしい幕開けの「フエゴ島」の旅スタート!
このままの流れでイッキにアルゼンチンへ抜けたいところだったが、夕暮れ時に国境超えするアルゼンチントラックをヒッチするのは皆無だった。マゼラン海峡から30km進んだ地点で、長い夕焼けも終え、気がつけば辺りはすっかり暗くなっていた。さて、今日の寝床はどうしようか?もう、マイナス凍結野宿はゴメンだよ。
メインロードR3から5km外れたところに、「セロ ソンブレロ」という町がある。そこまで歩くか?ヒッチか?どちらにしても今から宿探し。。。暗いよ。明日のヒッチハイクのためにも、あまりR3から外れたくないなぁ。。。
目の前を一台の車が通る。オジサンが車の中から笑顔で手を振ってた。そして、荒野のR3沿いに、ポツンと一件だけ建つ家へと入っていった。
何となく、訪ねてみよう。
どこまでが敷地なのかわからない広さの庭(?)先、我が家が近づくと放し飼いの犬(チリは基本、放し飼い&保健所が殺さないので国中、野良犬だらけ)が吠える。その音で、先ほど手を振ってきたオジサンと青年が出てきた。「旅の者ですが。。。」と、片言のスペイン語でいろいろ話している内に、部屋を開けてくれる事になり、泊めてくれる事になった。
c0158636_457112.jpg急な異国の旅人が訪れても、一切怪訝な顔もせず、暖かく迎え入れてくれる。田舎社会にありがちな保守的で閉鎖的な雰囲気はパタゴニアでは全く感じられない。むしろ、田舎だからこそ、人口が少なく厳しい自然環境で生きる者同士の心意気。
そして、なんと!一泊泊めてもらえるだけでも、十分嬉しい話なのに、このご家族は「ガウチョ(カウボーイ)」だったのだ!日本で言えば、「サムライ」だよ。(笑。本当に嬉しいよぉ。
ベレー帽を被り、マントを翻し、革の太いベルトに短剣を指し、フサフサの毛皮のパンツを履き、馬に跨り何万頭もの羊を追う姿を、ド田舎をヒッチハイクした時に見かけた。なかなか接する機会など無かったが、ガウチョの暮らしを見てみたいなぁ~なんて思ったりもした、憧れのガウチョのお宅に宿泊できるなんて!これ以上何があるパタゴニア。

大牧場で牧畜業を営むガウチョの家は、大きなリビングとキッチンのある平屋で、薪ストーブが豪快に燃えていて暖かい。電気は来てないので、夜、電気をもっとも必要とする時間帯はジェネレーター、夜更けは太陽パネル電力と使い分けていた。すっかり暗くなった夜7時、お茶とおやつの時間。小麦粉を練って、蒸し、砂糖をまぶして食べるおやつ「チャパレレ(チリのガウチョ郷土料理」だった。ひな祭りの時に作る和菓子「おこしもの(東三河郷土料理」と同じ味だった。
夜10時頃に夕食だった。レンズ豆の羊肉煮込みだった。一見、高価な食事と感じるけど、野菜の育たない不毛の大地で牛や馬を追って生きる人々。何でも食う!猫でもウサギでもワナコでも、動いているものは取り合えず食う!らしい。
よく飲まれるマテ茶の葉は、ナンかの動物の皮(聞いたけど忘れた)に入れて保存されていた。
彼らが着ていたセーターは、100%羊毛の手編み、素敵な風合いの自然草木染。あの一度食べたら、またパタゴニアへ戻ってくると言われる「カラファテの実」の木を染料にしてるそうだ。なんとも贅沢な。
旅の思い出にと、彼らが愛用しているガウチョのシンボルでもある「ベレー帽」をプレゼントしてくれた!我が家は、お礼に「箸」をプレゼント。初めてとは思えないくらい、早速、箸でレンズ豆を食べていた。
1週間ぶりに、ベッドで寝た。よく眠った。掛け布団は、ワナコだった。
c0158636_4574566.jpg
そして、トラックを乗りづぎ、チリを出国、アルゼンチン入国。(写真右:車内でもマテ茶。このドライバーはバーナーでお湯を沸かしていた本格派。水筒派は良く見かける。ボンビージャ(ストローみたいなやつ)の元にお湯を注ぐ、受け渡されてもボンビージャは動かしてはいけない、何度も周ってくるが毎度「ありがとう」とは言わない、最後の回で「グラシアス」と言うのが、一連のマテ茶流儀だそうだ)
世界の果て「ウシュアイア」まで、後300km!
今日中に、着くでしょ~。笑

ちょうど今日から日本のGW同様、4連休に入ったので、車でご旅行なチリ人ご夫妻が乗せてくれた。100km地点の「リオ グランデ」と言うインダストリアルタウンで降りる。別れ際大量のサラミ、ハム、パンをプレゼントしてくれた。親切すぎる人たちばかりと出会うよ。
そして、残り200km!もうすぐだぁ~!

スペイン語教師のアルゼンチン女性一人が運転するセダン。女性一人で運転できる国は治安が良いし、経済力がある証拠。エクアドルなどは、男性一人で運転してても、いきなり信号待ちで強盗にあったりするらしいからね。都会と田舎の差もあるので、一概には言えないけどね。
す~っと地平線が続く、車窓は代わり映えのない退屈な不毛の地だったのに、木々が生え始め、道に起伏があり、山が見えてきた。
100km進んだところにある町「トルウィン」は、アルゼンチンでは珍しい木造ウッディロッジの家々が立ち並ぶ、とても可愛らしい小さな町。週末になると近郊から、可愛い町へ癒されに人々が小旅行にやってくる。そして、この小さな町には、アルゼンチンで最も有名な「パナデリア ラ ユニオン」があるのだ。
この町を通る者は、猫も杓子もみんな挙って訪れる、コレクティーボも休憩所として停まるパン屋さん。店内は、有名人著名人の写真がずら~っと飾られている。店の外の通りは、パン屋に来たお客のオコボレ便乗商売の土産&雑貨屋の屋台が並ぶ。ひっきりなしにお客が入れ替わり立ち代りやってくる、こんなパン屋見たこと無い。冗談で「ディエゴ マラドーラ」は来た事あるの?って聞いたら、真顔で「マラドーラは来てないけど、その前のアルゼンチンCUPの何とか(名前忘れた)は来たよ」って、普通に答えていたほど、角界の有名人が当たり前のように訪れているらしい。こうなってくると、ちょっと有名になった人なんかは、逆にこのパン屋に顔写真を飾られたい!みたいな上昇サイクルが出来上がってきているんじゃないかな。
c0158636_4585121.jpg

ここから「ウシュアイア」まで、残すところ100kmの町、このパン屋。
美味しいのよ。久しぶりにカフェでおやつな時間。パイもサックサクで、大衆的なのに上等なお味、ゆっくりと時が経ち。
すっかり、日が暮れた(笑。
実は、「このパン屋の店先で、次のヒッチハイクの車を探せば簡単だよ。」と言われ、さらに、「見つからなかったら我の実家(スペイン語教師の女性)へ、泊まりに来ても良いよ~♪」なんて、ヒッチハイクの車の中で、素敵な招待を受けていた。
どこまで親切なんだパタゴニア!
この可愛い町の名物ウッディロッジに宿泊なんて、とても嬉しいお誘い。お言葉に甘えて、「ウシュアイア」まで、後100kmの地点で一泊することに。パンは美味しいし、街並みは綺麗だし、日は暮れちゃったし、スタック決定(笑。c0158636_4594567.jpg
ご両親だけが住んでいる大きなウッディロッジハウス。リビングに、どどぉ~んとアサードの釜(?)暖炉がある、アルゼンチンらしいお宅。ヒッチハイクで乗せた旅人がいきなり訪問してきても、笑顔で迎え入れてくれる両親。この連休に「ブエノス アイレス」から遊びに来ているという従兄弟もいて、今夜はアルゼンチン料理の代表格「アサード」牛肉のBBQなディナーだそうだ。もちろん、アルゼンチンワインでサルー。
パタゴニアの人々、器でかいなぁ~。
パタゴニアは、心だよ。って言ってた。
外は吹きすさぶほど寒いのに、家の中は、半袖でも平気なくらい暖かい。暖房もフル活動ながら、キッチンのガス台の火も全開でつけっぱなし。。。アルゼンチン南部は、石油や天然ガスなどの地下資源が豊富なので、ガソリンやガス代が安い。ガスは2ヶ月で500円使いたい放題だそうだ。(物価は、ほとんど日本と変わらないよ)
チリ側のパタゴニアは、ダム建設反対運動など、自然に対して謙虚に暮らしているのを良く目にしたけど、アルゼンチンは広大な大地、エネルギー満タン!イケイケなのだ。
でも、どちらのパタゴニアも、心はとても温かいよ。
c0158636_532383.jpg

そして、アメリカ大陸最南端の町「ウシュアイア」まで、残り100km。
遠くに見える雪山、冬に向かっている紅葉、それを移す湖。これまで2000km近くサバンナの様な大地が続く車窓だったのに、フエゴ島の南は、山々と湖、滝と潤った景色だよ。「フエゴ島」ってスペイン語で「火の島」って言う意味だけど、本当の姿は「水の島」だよね。
そんな土地らしく、林業を営むオジサンの車で、無事に「ウシュアイア」到着。この人の車で「ウシュアイア」に来て良かったと思わせる人だった。「ウシュアイア」の観光名所となっている国立公園では、ビーバーが見られる事で有名なんだけど、本当はパタゴニアオリジナルじゃないのよ。1942年にカナダが持ち込んだビーバーなんだけど、彼らは森林伐採をして生きる生き物なので、貴重な「ウシュアイア」の木々が減少してしまうのが、社会問題らしく、アルゼンチン政府は、「ビーバーを殺した者は、1匹につき4US$の報酬を与える!」って言うほど。(そう簡単には捕まえられないそうだ)
それほど、深い自然の山や森林に360度囲まれている、サムソンやソニーの工場が海に面した美しい工業港町が「アメリカ大陸最南端の町」でした。(写真:フロントガラスは、ヒビ割れているのが、パタゴニアスタイル)
c0158636_525274.jpg

4月は天候が不安定と言われている時期。
一度も雨も降らずヒッチハイクで来れたのが助かったな~。
「ウシュアイア」到着の翌日に、雨&強風。素晴らしいタイミング。お天気神様ありがとう。

ココを目指す事、メキシコから10ヶ月。あっという間だけど、長かった。
ある意味、この長旅の終着地点。
よくがんばりました(笑。
c0158636_535319.jpgパタゴニアの旅、大自然や野生動物やトレッキングやヒッチハイクやらだったので、後は踊るだけだぁ~!と思っていたら、早速、ミロンガ(タンゴを踊る場所)へのお誘いが。
ラテンなセニョールやセニョリータが、手を取りリードしてくれて、人生初タンゴ@アルゼンチン。
自分達が、社交ダンスするなんて、思っても見なかったよ。
今更だけど、旅はしてみるもんだね。面白い。

どうも、いつもありがとうございます。
今日も、素敵な1日でありますように。

☆maitreya から、お知らせです☆
春先に「yoga ジェネ」さんでもご紹介していただいた「maitreya」
本物の美を追求し提供する「Ayur Spa」さんのオンラインショップで、
蓮ジュエリー「maitreya」
お取り扱いしていただけるようになりました。
クリックするだけで、お宅へ届くなんて、何とも有難いシステム(笑。
お買い求めやすくなりましたね。
麗らかな気候に、開放する呼吸、真からリラックス。
LOTUS energy、美しい姿勢とパワーを味方に、春を過ごしてみてはいかがでしょうか?
[PR]
by laidbacktrip | 2012-05-04 04:54 | アルゼンチン

「南部パタゴニア前編。①と思いきや②、③」

パタゴニアと一言で言ってもピンポイントな地名では無く、チリとアルゼンチンの広域に渡り、南下すればするほどフィヨルドが深く入込んでいて、小さな島や氷河が散らばっているという、結局何が何だかわからんくらい広い大自然エリア。
c0158636_6482526.jpg

そんなパタゴニア最も有名な自然派観光名所で大味な3点セットは、①「ペリート モレノ氷河」、②「フィッツロイ山」でアルゼンチン、③「トーレス デル パイネ国立公園」でチリに再入国。
もう、パスポートのスタンプを押す場所が無くなって来た。。。って言うのに、またアルゼンチンに再入国で、さらに南緯を上げると、「よく覚えとけ!」とあの友人の父が8歳の時に言い放ったあの「マゼラン海峡」。そこを船で渡ると南米最南端の島「フエゴ島」、さらに南下すると、「Fin del mundo,世界の果て」と証されるアメリカ大陸最南端の町「ウシュアイア」という感じ。
さら~っと、バスに乗れば楽なのにねぇ~。

コレを我が家は、パタゴニアの冬空の下、相変わらずほぼヒッチハイクで駆け抜けた。
というか、そういう星の下というか。。。これまた面白い展開になった。
観光名所が端折ってあるヒッチハイク旅ブログ。
全く参考にならないねぇ~このブログ。(笑)
c0158636_658345.jpg
ようやくホッと一息な時間。
最近、この全く参考にならないブログを楽しみにしている♪という稀有な方が世界に3名もいらっしゃるという事を知ったので、熱くブワァ~っと書き出そうと(笑)
お時間許される方、どうぞごゆっくり、お付き合いくださいませ。
Walk in the rhythm of the worldで。
c0158636_6493789.jpg

2日間1000kmを共にした小麦粉トラックの運転手、面白いアルゼンチン人だった。
普段ヒッチハイクすると、車内でまずは自己紹介的な流れになるので、「日本を、2007年に出て4年以上旅してます。」と、言うと、大半は「はぁ~?えっ~?」って展開になるのだが、このトラック運転手の一言目は、「中東で、ウサマ ビンラディンに会ったか?一緒にピースで写真撮ったか?」だったのだ。
そんな大物の小麦粉トラック運転手と大きなハグで別れ、我が家は大味3点セット①「ペリート モレノ氷河」の拠点となるLagoアルゼンチン湖畔の町「エル カラファテ」へ向かう分岐点。太陽が出てない曇り空の日は寒い、風が冷たく心底から冷える。これ以上南下するのが不安になるような寒さの中、親指プレイ開始。
移民ボリビア人が乗せてくれた。「いやぁ~今日は寒いねぇ~」とドライバーは徐にウイスキー。ハードリカー回しのみの車内。寒いから飲酒運転は仕方ないのか、そういえば小麦粉トラックドライバーもワイン飲んで運転してたなぁ~。
「エル カラファテ」まで後100kmの地点で乗り継ぎ。残り100kmなんて余裕じゃぁ~んとぶっかましてたら。。。
これが本気で厳しくてなかなか車が見つからなかった。親指プレイで無く、ガソリンスタンドで聞きこみ頼み込みしてもツーリスティックな場所への移動はハードル高く、最大の難所R40を回避したルートR3からのアプローチでも困難を極め。。。空腹と寒さの中でアルゼンチンが嫌いになりそうだった(笑。夕方から5時間経過の夜10時、ようやく1台の車が乗せてくれた。パラグアイ人夫婦だった。車内は、とても暖かかった。
c0158636_6523723.jpg

這うようにしてたどり着いた「エル カラファテ」で、カメラマン&シェフの旅友人とバッタリ再会し、大味3点セット②「フィッツロイ山」トレッキングに誘われたので3人旅スタートで、拠点の町「エル チャルテン」へ。
さすがに、3人+山荷物なので、ヒッチハイクでは無くバスで行く事に。
という予定でいたが、端っから我が家はバスに興味が無い。なので、バスの時刻表どころか。。。バスターミナルの場所すら知らない。完全に旅友人に任せていたら、バスターミナルには着いたものの、肝心なバスがすべて10分前に出発してしまった後だった。
やはり、ヒッチハイクをする星の下に生まれたんだと。。。(笑。
吐く息白く、そんな息を呑むほど美しいピンク色に輝く朝焼けの中、歩いて2kmほど(?)町の入り口ポリスチェックのヒッチハイクポイントへ。(バスターミナルは知らないけど、ヒッチポイントは確認済みだった(笑)
先日の困難なヒッチハイクが、トラウマになりかけているこのハードル高き町「エル カラファテ」から「エル チャルテン」へ。有名観光名所ダブルヘッターなルートを3人+山荷物で、果たして乗せてくれる車なんぞあるものか??と、いつもどおり親指プレイ。カメラマンの旅友人もいることだし、この際、親指モデル撮影大会開催、するとフランス人一人旅レンタカーがどどぉ~んと横付けし、共に②「フィッツロイ山」へ。このフランス人、いきなり迷子になり空港に到着しちゃってたけどね。c0158636_6512411.jpg
紅葉レッドカーペットがゴージャス極める裾野に、雪を被った冠は、美しい聖域フィッツロイ。
アルゼンチンに入国して以来、大草原というか不毛の大地のサバンナが景色の大半を占めていたので、突如、突起した岩山と氷河な地形にウットリ。カッコイイ山だなぁ~。男前だよ、フィッツロイ。
本当に、いい時期に来たなぁ~ってシミジミ。
神を感じさせる領域の山。見たものの眼は興奮で瞳孔が開き、平伏すかのように謙虚になっていたトレッカー達。さらに、この寒い時期に山でテント泊している数少ないトレッカー達は、お互いリスペクトしあっていて、大変気持ちの良い浄化トレッキングだった。しかも、パタゴニアのトレッキングは、標高が1000mt前後でも、標高3000mtくらいを思わせる景色が、お手軽にわずか3時間のトレックで楽しめちゃうので、ついつい荷物が嵩んでもピクニック気分で、ここぞとばかりにアルゼンチンワイン&豪華キャンプ料理。今回、同行した旅友人がシェフという事もあって、華やかなキャンプ料理だった。しか~し、彼はビックリレベルで雨男だった。。。2日目は横なぶりの雪。。。吹雪でホワイトアウト(笑)
彼が去った3日目は、大雨だった(笑)
それでも、ここはパタゴニア。天候がコロコロ変わる。雲が空で踊るよう。
啄木鳥が番いで4羽も!目の前でコツコツと音のセッション。見えない木の中のどこに虫がいるかをどうやって知ることができるんだろう?ピンポイントでコツコツ穴を開けて虫を取る。オスが必死で獲得した極上の虫を、当たり前のように歌いながらメスがやってきて、そいつを戴いていた。ん~啄木鳥のアモールもラテンだね(笑)
カラフルな大自然の大讃美。すべてが美しかった。
c0158636_652929.jpg

で、大味3点セット①「ペリート モレノ氷河」の拠点町「エル カラファテ」へ戻る。
旅友人の雨男が町から去った次の日は、驚くほど輝く太陽の快晴!青い空!申し訳ないけど、ありがとう(笑)
「エル カラファテ」から「ペリート モレノ氷河」までは、80km1時間ほどの距離だが、大半はツアーかバスで行く日帰り大観光名所なので、個人で行く車が少なく、ヒッチハイクが難しいと聞いていた。しかも、これまでのヒッチハイクはアルゼンチン人が乗せてくれた例が少ない。なので、ここは珍しく「往復日帰りバス」で行こう♪と決めて早起きして張り切っていたのにも拘わらず、バスに乗り遅れた(笑。
バスターミナルまで歩いて15分以上かかるのに、バス出発時刻5分前なのに、宿でお茶をすすっていた。(笑)
いやぁ~ バスって、定刻に出発するもんなんだねぇ~。(笑)
で、バスが通るルートの道に先回りして、バスをヒッチハイクすれば良いんじゃないかという代案が生まれ(ボリビア人がバスターミナル使用料をケチるためにやっていたのを思い出した)、先回りして道で待って見たもののバス1台も来ず。。。
そもそも、バス出発時間を勘違いしてた我が家。。。もう、どこまでもヒッチハイカー。(笑。
やるしかないよね、いつもの親指。天候は、青い空!完璧な氷河日和!
で、難所と言われてバスに乗るつもりだったルートだったのに、意外にもアッサリ乗せてくれる車。ヒッチハイクは運だね。もう、わからんね。そして、アルゼンチン人ドライバーだった。
乗せてくれた車は、パタゴニア全域端から端まで、携帯電波とインターネット電波が届いているかを確認する仕事をしているスマートなおじさん(といっても5歳しか年かわらんけど)。
c0158636_656544.jpg

c0158636_6572498.jpg快晴の観光日和②「ペリート モレノ氷河」までの道中、仕事を兼ねていろんな僻地へ連れてってくれた。大牧場主のガウチョ(カウボーイ)のお宅や、人が全くいないロカ湖では野キツネに出会い、あのパタゴニアにしか生息しないワナコに「おいで~」と嫁が両手を広げたらハグできちゃったり。ワナコと嫁は恋に落ちた。野生ワナコは人に寄り付かないので、獲つけされているのか?旦那もワナコとハグしたい!と近づくと、唾をペェッ!っと引っ掛けられ、メガネが臭い唾液で真っ白になり、さらに両前足で飛び蹴りを食らった。ん~ワナコのアモールも情熱的なラテンだね(笑)
c0158636_725699.jpg
c0158636_73372.jpg
そんなこんなで②「ペリート モレノ 氷河」。さすが大味3点セット(我が家が勝手に命名)なだけあって、入場料100ペソで展望台から眺められちゃう気軽さ。
それはそれは、青く透き通った巨大な生き物が、雪の白い峰々から降りてくるかのような、静と動。
そこに圧縮された時間の経過が考えられない瞑想的領域。冬の低い太陽が横から光を透す。時間が外れる。
もう宇宙、パタゴニアの空は、球体を感じるよね。
c0158636_74665.jpg

これだけでも、もう十分大満喫で感謝感謝だったのだけれど、このヒッチハイクで行きも帰りも乗せてくれたアルゼンチン人のおじさんが本当に良い人で。次の日、なんと!宿まで迎えに来てくれてチリ国境まで乗せてってくれるという、前代未聞の予約お迎え付きヒッチハイク!もう親指しなくて、ドアチャイムだよ。
嬉しさあまりに、アルゼンチンワイン飲みすぎちゃうよね。チリワインは低予算でも美味しく楽しめるけど、アルゼンチンワインは低予算だとテイストも良くないし悪酔いするんだそうだ。
で、我が家は次の日、迎えにきてくれたおじさんのヒッチハイク車の中で爆睡。(笑)
c0158636_792023.jpg

で、ヒッチハイクを乗り継いでチリに再入国し、③「トーレス デル パイネ」の拠点の町「プエルト ナタレス」へ。そこから150kmほどで、トレッキングの入り口。もちろんヒッチハイクで。
山でネズミ駆除の仕事をしている人が乗せてくれた。ブエン トラバホだよ!そうそう、パタゴニア南部はキャンプ場にネズミが徘徊するのだ。カメラマン&シェフで雨男の旅友人は、②「フィッツロイ山」トレッキングの際に、寝てる間にテントの中にネズミが侵入してきて、マットを齧られ、さらにバックパックの隙間からネズミが入り込んだらしく、パンまでの噛み千切られたというネタ満載ズッコ家雨男だったのだ(笑)
c0158636_775197.jpg

「トーレス デル パイネ」の工程は、本来は船で渡るエリアを1泊2日かけて歩き渡り、3泊4日。
この国立公園は、今年の1月に大きな山火事あり、大部分が灰となってしまった。トレッカーがノグソした後始末の紙を燃やしたら、この大惨事と聞いている。生き物がいない黒い山、流れる小川には煤、呼吸しても新鮮な空気でなく焼けた匂い。。人間の肉体だって4割焼けどしたら死にいたるんだから、山だって一緒だと思う。大やけどを覆ってしまった山は、切なく空しかった
c0158636_7123797.jpg

けど、そんな事を言ってられないくらい晴天だった!あの雪や雨や強風という辛い天候の前情報ばかりな「トーレス デル パイネ国立公園」が朝から晩まで快晴!無風!すごいラッキーだった。青空や朝焼けに映える姿が見られた。
c0158636_7132058.jpg

c0158636_714771.jpgしかし、夜はマイナス6度。我が家の寝袋はマイナス10度対応なので、余裕かましてたが、テントは夏用。。。すべて凍った。凍結キャンプ。明け方は、本当に寒くて寒くて寝れなかった。トレックも凍結してるところもあった。
で、3泊4日で周りきり、さっさと町に帰って暖かい部屋で!ベットで寝たい!とワクワク期待してたのだが、時はすでに遅しで、バスも無く、ヒッチハイクの車も無く。。。夕方7時、もう夕暮れ。。。
山の入り口の警備隊の敷地内で、野宿する羽目になった(笑)
c0158636_7151539.jpg

まぁ~キャンプも野宿も同じなんだけど。。。帰る気満々だったので、おまけの1泊マイナス6度は辛かったc0158636_7162378.jpgなぁ~。必死にポジティブに言うならば、野宿場の朝焼け、遠巻きのトーレス デル パイネが美しかった。野性のスカンク、フラミンゴが近かった。メキシコへ渡るフラミンゴ達、ボリビアのウユニ塩湖で見たフラミンゴ達も同じルートなんだろう。私達も10ヶ月かけてメキシコから渡ってきたので、フラミンゴに共感を持ってみたり。
それでも、懲りずに翌日、貴重な1台の説妙なタイミングでヒッチハイク成功「プエルト ナタレス」の町へ戻る。
その夜、ホームステイ先の家族とフランス人&香港人の手料理ディナーを招待してくれた。クタクタに疲れ冷え切った体に、世界3大料理の2大フレンチと中華を一晩で味わう。思いがけない嬉しいおまけの1晩だった。たった5日間の山篭りだったのに、現世に来たような、便利や快適が身に沁みた。(写真上:何故か白い仮面を被ったような柄の牛たち。鳥肌実牛。写真下:草食系ジャニーズ馬。)
c0158636_7155650.jpg

パタゴニア大味3点セットは、すべて終わった。
後は、アルゼンチンのアメリカ大陸最南端の町「ウシュアイア」へ向けて、再び親指を立てるのでありました。

つづく。
c0158636_794167.jpg

[PR]
by laidbacktrip | 2012-05-03 06:46 | アルゼンチン

色刻む時間(Color will be engraved on the time) @ Lago Argentino in El Calafate Patagonia

c0158636_0221051.jpg


☆maitreya お知らせです☆
本物の美を追求し提供する「Ayur Spa」さんのオンラインショップで、
蓮ジュエリー「maitreya」
お取り扱いしていただけるようになりました。
いつもありがとうございます!さらにお買い求めやすくなりましたね。
麗らかな気候に、開放する呼吸、真からリラックス。
LOTUS energy、美しい姿勢とパワーを味方に、春を過ごしてみてはいかがでしょうか?

そんな今日の世界の果ての地は、気持ち良い晴れ模様、風のパタゴニア。風の音。
南極まで約1000kmの地「ウシュアイア」だもんね。南緯54度。寒いよね。
アルゼンチン人の暖かいお宅でホームステイ。南極クルーズ船で働く美女のお宅。
窓の外には、美しい雪山、浮かぶ雲。
久しぶりにゆっくり。長旅のチルアウト日和。
とても好きな時間。
[PR]
by laidbacktrip | 2012-05-02 00:22 | アルゼンチン