「ほっ」と。キャンペーン

<   2011年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

「カリブの海賊船をヒッチして、革命大国キューバへ」

「そんな事した日本人旅人はいない。快挙を成し遂げる事になる。」と、
今お世話になっている「カンクン」の宿の日本人旅人達に告げられた、カリブの海賊船ヒッチ。
たしかに日本語の情報は無い。しかし、旦那がエジプト滞在時から調べてあげていて、渡っている西洋人はすでにいる。
時期は外れているが、不可能では無いという少しの希望の光を胸に、
情熱と革命の国「キューバ」へヒッチボートでカリブ海を渡る。チャレンジの旅が始まった。
c0158636_5242646.jpg

メキシコのアメリカンなリゾート「カンクン」から、貨物フェリーで30分。35ペソ(300円くらい)。
小さな島「イスラ ムヘーレス」。海賊船ヒッチポイントが、この島のどこかにあるはず。
船やボートをヒッチするなんて初めて、しかもカリブ海クルーズしてる世界の富豪達。
どんな展開か全く読めないのが、旅感あって面白い。
あのジョニーか?かのジョニーか?ディップか?
松方弘樹の釣り船か?
カリブ海で、あの豪快な笑顔。強い日差しが似合うんだろうな~。
実際、松方さんに出会って「ヒッチでキューバまで乗せてください」って、言ってみたい。
映画「カリブの海賊船。ヒッチハイク仁義なき旅」撮りませんか?って無茶ブリでお願いしてみたい。「失礼さんでござんすが御免なさんせ。」で我が家親指を立てる。笑
c0158636_5262164.jpg

南国リゾートの肌を焦がす日差しの中、エメラルドグリーンに輝くカリブ海を貨物フェリーのデッキから眺める。
海面にぺタっと貼り付けたような、小さな平たい島「イスラ ムヘーレス」にゆ~っくり到着。
早速、宿探しの前に、海賊船ヒッチポイント探し。
メキシコはスペイン語圏だけど、ここカンクン近辺や観光業は英語が通じる。
大きなバックパックは、「カンクン」の宿に預けて来たので、荷物も足取りも軽い。
c0158636_5281570.jpg
まずは、島からメキシコ出国手続きイミグレへ、情報収集。わからず。
ツーリストオフィスで、情報収集。わからず。

どこだ~?キューバ行きの停泊ハーバー?

海沿いのボート利用者が来るガソリンスタンドへ。
ピッカーピカで立派なボートが止まってるけど、近郊釣り船の様で、カリブ海を渡るようには見えない。
近くでは、ヤッピーなツアーボードがサルサ音楽ガンガンに流して、観光客が船上ダンスレッスンしてる。

c0158636_5343459.jpg
なんとな~く臭ったので近くのバーのスタッフに訪ねてみると、キューバ行き船が停泊するハーバー2箇所の名前を教えてくれた。
しかも、ヒッチしたいとは告げていないのに、彼も我が家の臭いを嗅ぎ付けたのか、君達の「友達の船」はたぶん見つかると思うよ!と。。。

お~少し、カリブの海賊船ヒッチに近づいた。
先人はいるんだ。不可能ではなさそうだ。

宿もまだ決めずに、その足でハーバーまで行く。

始めて見るカリブのプライベートボート。ジョニーやディップが乗っているような海賊船じゃなくて、ソファーの前には薄型TVやPC。
キッチンカウンターもあって、地下もある。最新機器をシッカリと積んでるメカニックなボートが10隻ほど停泊している。
シャンパンでも飲みながら、カリブの風が似合うだろうな~。
きっと持ち主はガウンに胸毛だな~。
もちろん、持ち主はハーバーにはいない。どこかのホテルでリゾートしてるんだろう。
その代わり、このボートを地元民がメンテナンスしたり掃除したりしていた。
しかし、このボートはほとんどアメリカ国旗が掲げられている。。。
キューバへはアメリカ人の船では近づけない。。。

ハーバーの管理人に、ヒッチボートで「キューバ」へ行きたいので、船を捜していると告げる。

メキシコ人の管理人は、親切に教えてくれた。

今は雨季&ハリケーンシーズンが後2ヶ月後なので、カリブを渡る船は無い。
しかも、北から南下して「キューバ」→「メキシコ」なら、まだ可能性はあるかもかもだが、
「メキシコ」→「キューバ」行きは、皆無に等しい。
今、停泊している船達はアメリカンが多いから不可能だし、みんなハリケーンを避けて南下してグアテマラやベリーズへ行くよ。

そうか。。。車のヒッチハイクじゃないしな~。海をナメたらアカンだな。
カリブを渡る富豪達が、1,2ヶ月単位で旅しているとは、思えないよな~。
急ぐ必要もなさそうだし、ベストシーズンを渡り、年単位でのんびり船旅しているんだろうな~。
と、若干諦めモードだったが、
何故か「まだもう一箇所のハーバー」があるじゃん!なんてラテンな楽観テンポで行ってみる。
c0158636_6225876.jpg

と、ちょうどハーバーに停泊しているボートで生活してる様子の、カリブ海以上に澄んだ青い瞳を持つ、輝く笑顔の海の色男がいた。

「すみませ~ん。キューバ行きの船をヒッチで捜しているんですけど。。。」

あまりにも突飛な発言をするアジア人カップルに、カリブの海の瞳も丸くするが、
さすがは松方弘樹を、金髪のロン毛にして、青い瞳にして、さらに30年ほど若返らせた感じの笑顔輝く色男。(もう松方弘樹ベースじゃなくてもにいいのにね。笑)

「明日、船を出港させるけど、近くの島に釣りに行くだけだよ。それでも良ければ。」と。。。この余裕の返し、海のような心の広さ。

そして、ここのハーバーの管理人のメキシコ人にも問い合わせたが、
「12月ならヒッチで行けるかもよ~!」って、

本場のラテンの楽観さは、ハバネロぶっとびクラスだよ。。。

というわけで。。。
「カリブの海賊船をヒッチして、革命大国キューバへ」の夢は、半年後の12月という事で。。。
てなわけには、我が家の旅はいかないので、ヒッチボートまたいつか。
c0158636_5481913.jpg

さて、気がつけば夜7時過ぎ。斜陽だけどまだ明るい。陽が長いな~。
ここから宿探し。ハーバーから小さな町の中心地までは、一本道。
メキシコらしいカラフルな色彩の建物、お土産屋、レストランが並んでいる。
c0158636_5511517.jpg

ヒッチハイクできるっしょ?ギリシャの島でもヒッチハイクしてたから観光島は余裕っしょ?
11年通っているアメリカ人が運転する観光客用のカートをヒッチハイク(島中は、ゴルフ場にあるようなカートがレンタカーとして利用されている)
親切にも安宿の近くまで乗せてくれた。
c0158636_53869.jpg

エメラルドグリーンの透き通った海を眺める。あ~あっちがキューバだろうなぁ~。c0158636_6213956.jpg
久しぶりに、日本の小説をGETしたので、椰子の木の木陰、浜ゴロ読書。
フライパンの様なビーチを暑そうに、お土産売りやマリアッチがラテンの笑顔で何往復もしている。
シュノーケリングしてみても、あまりの透明度に魚も珊瑚も海藻もなく、ただ海底には白い砂漠が広がっている。
浅瀬が続くので、水温は暖かく、気分は温泉。
c0158636_5452090.jpg

「イスラ ムヘーレス」の島には4日間滞在し、最後に島を離れる時。
背の低いコロンコロンしたメキシコ人の、宿のかわいいオバちゃんが、ふと空を見上げて、
「午後に大雨が降るよ。」と、預言者のように天気を読んだ。鳥が低く飛んでいるからか、雲の流れか。
その予言通り、昼過ぎには雨がざぁ~~~っと降って来た。

その頃には我が家、カリブ海を渡る貨物フェリーから降りて「カンクン」へ向かう、メキシコ人のおじさんの運転するセダンに乗っていた。もちろん外は大雨。
別にヒッチハイクするつもりは無かったんだけど。。。半ば強引にラテンノリで乗せられた。笑
船着き場「プンタ サム」から「カンクン セントロ中心街」までは、コレクティーボ(乗り合いワゴン)で30分程度(6ペソ)に乗るつもりだったんだけど、
この貨物フェリーの船上で、セルベッサ(ビール)を煽りまくっているベロンベロンに酔っ払ったラテンおじさんに絡まれ、
「ど~~しても、俺の車に乗ってくれ~!日本人が大好きだ~!ポルファボ~ル!(お願いだぁ)」
酔っ払いの運転する車に乗りたくないし、奥様はこの件に関してノーコメント。
コレクティーボに乗るからと結構です。と、何度も断っていたんだが。。。
貨物フェリーから降りて、歩いている我が家の横に車ビタ着。

ちょ~ど、その時。
あの宿のかわいいオバちゃん預言者通り。。。
ざぁ~~~っと、大雨が降ってきて。。。
このシナリオは、セダンに乗るしかないでしょぉ?
酔っ払いラテンおじさんのご好意に甘えて、乗ったよ。セダンに。
そしたら、助手席の奥様にとって我が家は、招かざる客だったらしく、ラテン夫婦スペイン語喧嘩勃発。。。

なんだよぉ~この展開。。。降りるよぉ~。
スペイン語わかんないけど、空気読めるよ、さすがに。。。
我が家は、夫婦喧嘩しない。こういう無駄な負のエネルギー必要ないよ。むしろ苦手だよ。
ラテンおじさんは、「日本が大好きだ!自分でも何故かわからないんだ。理由なんて無いんだよ。」って、何度も貨物フェリーで言っていた。
きっと、この出会い。嬉しかったんだろうな~。
車から降りる時、ラテンおじさんは、ず~っと俯いたままで、アディオス(さよなら)も言えないくらい凹んでいた。


こういうのヒッチハイク旅の醍醐味。
いろんな人間のドラマ。
人と人との間に起こるさまざまな事情は、お国柄が出てて面白い。
カリブの海賊船はヒッチ出来なかったけど、最後に人間味あるヒッチハイクを経験する展開になった。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
♪旦那の音ブログ。音楽で世界を旅する。どうぞ→「旅するDJの世界音楽至福のひととき」
ॐ嫁のヨガジュエリー。穏やかな日々へ。どうぞ→「maitreya」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
[PR]
by laidbacktrip | 2011-06-30 05:58 | メキシコ | Comments(1)

「皆既月食」 紅海のリゾート「ダハブ」

バックパッカー旅人の骨休め楽園の名に相応しい格安リゾート「ダハブ」
c0158636_8555346.jpg

歩行者天国の海沿いに土産屋や観光客用レストランがズラ~リのリゾート地。c0158636_902283.jpg
サウジアラビアが対岸17km先に見える。そこから朝日。乾いた砂漠の岩山に夕日。
アザーンが流れる時は、リゾートしている海沿いのカフェもレストランも、チルアウト音楽を一時停止する。(アジア旅のツーリストカフェヘビチューン、ブッタバーシリーズとか)
サウジアラビアのメッカはすぐそこ!海に向かってお祈り。これがイスラムを感じさせるここでは貴重な一面。
レストランでオーダーした料理がすぐ出てこなかった時、「シェフがモスクへお祈りへ行っているので、遅れてすみません。」と誤りに来た。
今まで、注文した料理が1時間2時間待ってもなかなか出てこないなんて国はザラだったので、逆に「誤る」事が出来る心配りに感動。
コストパフォーマンス賞。清潔感も味もサービスも音楽も景色も音楽も、価格以上のクオリティー。
c0158636_975740.jpg

毎日通った顔なじみのオープンエアーレストラン。
もちろん紅海沿いの好立地条件だが、ダハブは懐にも優しく味も美味しい。
(写真左)朝食セット「エジプシャン」4種のおかず(卵系、チーズ系、豆系、揚げ物系)、ピタパン、タヒニ、コーヒー:半額にしてくれて10£(140円)

世界中のダイバーが憧れるという紅海で、シュノーケリングをするのが日課。
頭からブルカを被った女性もいる海辺で、
水着でゴロゴロ。ビールもワインもある。稀有なイスラム圏。


「地球は、青かった」と思わせるほどの、澄んだ水の青い海。風の無い日は鏡の様な海面。
色鮮やかな珊瑚、サイケデリック色彩の熱帯魚が、空を舞う蝶々のようにヒラヒラと泳いでいる。
一瞬、海の中であることを忘れるほど優雅な世界。
(ウォータープルーフカメラじゃないから、前回のブログの絵画でご勘弁)
大気圏が海面で、海中にはもう一個の地球が広がっているんだな~。
数千匹の銀色の小魚に囲まれる。海面を通して強い太陽の日差しが、魚に乱反射して輝いて美しい。
60CM以上の大きさの、緑と青と黄色の身体にピンク色の唇をした、宇宙魚が海面を這うようにゆっくりと泳ぐ。
聞こえるのは、自分の吸う息、吐く息。ヨガだな~。
雄大な時間の流れが、呼吸の中で感じられる。

地上は、草木の無い砂漠の大地。
海の中は、豊潤な生命体の舞。
この陸と海の差を大きく感じることが出来るのは「ダハブ」の魅力。
また家族や友人と来たいな~。
c0158636_9510100.jpg
そんな、アフリカ旅の垢を落としまくった3週間inダハブの最後の夜は、
宇宙からの最高の演出「皆既月食!」
エジプトでは、夜の19時30分頃から4時間セット。
ディナーしながら皆既月食を鑑賞できるという、なんとも贅沢タイム。

しかも、海沿いのオープンエアーレストランから、紅海とサウジアラビアの大陸の上に浮かぶ天体ショー。
タイミングもすべて揃い過ぎダハブ、素晴らしいです。
c0158636_9151853.jpg



ここの毎日通ったレストランのスタッフが本当に気持ちの良い人達で!
3週間滞在したダハブ最後の晩餐だったこの日。
ハート型に切ったリンゴの乗ったアイスクリームデザートを、「僕らの気持ちです!良い旅を~!」
こういうのすごく嬉しい。エジプト人かわいい。




宇宙空間に、ポォ~~ンと投げ出されたような感覚になる皆既月食。
c0158636_91630100.jpg

地球には、まだこんなに美しい場所があるんだと痛感できる紅海の透明度の高い海に、風が吹き波が出てきた。(友達のスチュワーデスは、この月食タイムは飛行機の着陸が難しくてトラぶって大変だったらしい)
海沿いのレストランの照明が眩しく感じられたので、宿へ戻り屋上で寝転んで鑑賞。
地球と月と太陽が、ゆっくりと動く。朝日も夕日もそうだけど、宇宙の流れの時間を感じられる時は、地球に今生きているんだという感覚が神経細胞まで沁みる様。
そんな、地球を一周できるなんて、本当に有難い。
c0158636_852341.jpg
「Lunar eclipse on the Red Sea in Egypt」

そして、翌日朝。
ダハブからシャルム空港。ブリュッセル空港で一晩明かして乗り継ぎ、まるまる24時間。
(今旬な格安航空jetairfiy、ブリュッセル~カンクン:150ユーロ!破格!)

大西洋を越えて、アメリカ大陸「メキシコ」のリゾート「カンクン」へ。
カリブの海も青いよ~ 地球は青いよ~
アメリカ大陸!中南米の旅、はじまりはじまり~。


早速、メキシコ「カンクン」で、素敵な嬉しい出会いアリ。
「アメリカ大陸」を、バイク125ccで縦断している旅人。カナダから現在メキシコまで10ヶ月間。さらに南米の先端まで走るそうです。(日本は北海道から鹿児島まで、なんと!歩いて旅した事もあるという、いい意味でド変態旅人)
そんな彼の貴重な経験が書かれた人気ブログのトップに、嫁の絵画を使って頂ける事になりました。
アメリカ大陸縦断バイカー旅ブログ「いちゃりばちょーでぇ」→http://asian-blues.blogspot.com/
ありがとうございます。そして、今日も良い旅を~!
[PR]
by laidbacktrip | 2011-06-21 09:35 | メキシコ | Comments(1)

嫁の絵

[Longest tale of Nile in Egypt]
c0158636_2358764.jpg


c0158636_23585460.jpg
































[Dive to the future @ Red sea in Egypt]


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
♪旦那の音ブログ。音楽で世界を旅する。どうぞ→「旅するDJの世界音楽至福のひととき」
ॐ嫁のヨガジュエリー。穏やかな日々へ。どうぞ→「maitreya」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
[PR]
by laidbacktrip | 2011-06-15 00:05 | エジプト | Comments(0)

「我が家に、砂漠の遊牧民べドウィンがやって来た。」

中東の南部からエジプトの砂漠にかけて、ラクダに乗って生活している遊牧民「ベドウィン」
頭には、赤色や黒色をベースにした千鳥格子に似た柄の布を巻きつけ、
ゴムバンドの様なモノで固定していて、
服装は、白色だったりベージュだったり、頭からズボッと被るポンチョの様な、通気性のみを追及したファッションをしている民。

そう、「エジプトのピラミッド」や、「ヨルダンのぺトラ遺跡」のパンフレットに乗ってる、
あの顔の濃い民族、透き通った強い目、俊敏そうな体つき、絵になる男達。

そんな砂漠の勇ましい男が、我が家の安宿の部屋を訪れてくれた。
どうやら、我が家の旦那がDJだと言うのを、どこかで聞きつけてやってきた。

音楽が欲しいと。


まず、手にしている機器に驚いたのだが、ドイツ製ヘッドホン「SENNHEISER」と、i-pod、
中に入っている音楽が、「HIPHOP」に「R&B」。
ちょぉ~アッゲアゲのアメリカンなキッラキラで、さらに驚く。

ん~旅先でいろんな国の人々に頂いた音源は、200GBを超えるほどあるけれど。。。
彼好みのアメリカンキラッキラHIPHOP系は、たぶん無いかも。。。

「何か、聞かせてくれよぉ!ヘイ!DJ!」
と来る。

困った旦那が、精一杯頑張って「アッゲアゲのアフリカンレゲエ」を流したら、ものの2秒で、

「ノ~ グッドだよ。こんなの寝ちまうよ!もっともっと!もぉっと~!」って言ってきた。

あっちゃっちゃ。。。 彼は濃い顔をしているが、たぶん18歳くらいだろう。
さすが砂漠の民。いい度胸をしている。肝が据わってる。
爽やかな砂漠の空気を、身に纏っているようで、独自の穏やかな空気感を持っている。
が、しかしヤングマン。

「よぉ~し!おじちゃんに任せろぉぉぉ~!ご要望にお答えするのがDJの勤めさ!」と、
DJ魂に火が点いた旦那。

日本人の某アーティスト「ヘンテコダンスミュージック」を流したら、苦笑い。。。だった。

あっちゃっちゃ~。。。そんな彼に媚を売る様に偶然データーの中から発見した「BEST!HIP!HOP!」 YES!!!

しかし、フレンチHIPHOPだったし、BPMがどう考えてもユルイ。。。

彼は何事も無かったかの様に、
部屋を出て行った。さすが遊牧民。引き際が美しかった。

我が家、惨敗。。。笑


そんな砂漠の遊牧民の心を打つことが出来なかった、我が家の愛すべきアフリカンレゲエ音楽の詳細は、
旦那の音ブログにてご紹介→「旅するDJの世界音楽至福のひととき」
[PR]
by laidbacktrip | 2011-06-13 03:49 | エジプト | Comments(0)

「お知らせ」Baobab Sunset @Ghana in West Africa

「お知らせ」
お友達のヒーラーまいこさんが、ヒーラーズカフェを愛知県にオープンしました!
詳細はこちら→[Sun Breath-サンブレス-]

そして、お取り扱いしていただいているヨガ瞑想系ジュエリー「maitreya」が、
[Sun Breath]まいこさんのヒーリングを受けられた方は、さらに10パーセント割引になります!

是非、気になった方は「ヒーラーズ カフェ」へ。
心に癒しを、体に美しいエネルギーを、届けてみませんか?

体と心は繋がっていて、とても正直だな~。
西アフリカのガーナで体調を崩し、描ききれなかった嫁の絵が、此処エジプトで完成しました。
[Baobab Sunset @Ghana in West Africa]
c0158636_73339.jpg

[PR]
by laidbacktrip | 2011-06-12 07:45 | Comments(0)

「デモパワー@首都カイロINエジプト」

2週間前の金曜日の事。
日本の報道のメインは「エジプト!新たにピラミッド発見!」でしたが、現場ではデモがありました。
c0158636_2135327.jpg

1月25日以降、中東~北アフリカ一帯は、何かとキナ臭い話ばかりを耳にする、治安悪化が加速する「エジプト首都カイロ」
5月7日に宗教間対立で200人近い死亡負傷を出した暴動があり、次の金曜日もデモ予告があったが中止、夜間外出禁止時間が、深夜2時~5時と縮小傾向にあったため、
5月27日金曜日には、[何かあるかも]、しかし、[何もないかも]、と言われていました。
しかもこの週末は、友人が日本から「カイロ」に来るという知らせがあり、久しぶりの嬉しい再会を興奮ぎみに待ちわびる日でもあったので、
「何もないかも」であって欲しいと願う日でもありました。(写真下:カイロのナイル川)
c0158636_21361229.jpg

あのタフリール広場から徒歩5分、雑居ビルの屋上にいながら、あたかもリゾート地の太陽を浴びてます!という気分にさせてくれる素敵なテラスのある安宿。
アラブが作り出すカオスは、旧市街も新市街も迷宮パズル街特有の不思議な空気感があって楽しく、全くデモが起きる気配を感じさせない日常。
エジプトは観光大国なので、音楽イベントも連夜目白押し。暑い昼間を避けるように、人々は夜に動き出す。
小さな裏路地のライブハウスやオペラハウス、マドラサ、船上レストランなどなど(そのうち音ブログでご紹介)

c0158636_21413715.jpg

地上に沸く喧騒のカオスから逃れ、ユーラシア大陸の真ん中、アフリカとの接点の町「カイロ」の雑居ビル、安宿の屋上で呼吸を整えている国際色豊かでハードコア旅人達。
スイス人ジャーナリスト。シリア人歌手。中国人ビジネスマン。イラン人学生。ドイツ人ヒッピー。ルーマニア人スペイン移民者。アルゼンチン笛吹き。面白い面々。
久しぶりに日本人にも会った(アフリカ旅3ヶ月間会わなかった)。母国語で通じ合える細かい言霊ニュアンス。
日本の事をいろいろ話してもらいました。気がついたら6時間。貴重な時間、ありがとうございました。
c0158636_21435531.jpg

ある日、「アホワ」(トルココーヒー)&アエーシ(ピタパン)&タヒーニ(ゴマペースト)の朝食をテラスで取っていると。
スイス人ジャーナリストが、「今週の金曜日、セカンドウエーブ来るから。」と、
中国人ビジネスマンが、「午後5時以降に軍人来て暴動起きるから。」と、
「今、聞こえているパンパンパンって音は、ライフルだよ。威嚇発砲の音ね。」と、ドイツ人。
新聞にも、「第2次革命!」と報道されている。(写真下:路上の革命Tシャツ屋)
c0158636_2146973.jpg

小心者の我が家。ビビッていたが、まず腹ごしらえ。c0158636_2152246.jpg
エジプト庶民派代表格「コシャリ」丼1杯5£(ライス&スパゲッティにトマトソース&揚げオニオン。炭水化物MIXは、エジプトはアフリカ大陸の一部なんだなぁ~と感じさせた)
ディナー後のお茶は道端カフェ。その後は、アラブ音楽のライブ会場へ歩いて行ったが、治安の悪さは感じなかった。
道端に2台も戦車が停車してるのには、ビックリしたけどね。(誰かのご自宅前の厳重警備)
夜11時も過ぎているのに100名以上の人々が、一つの店の前の路地でシーシャ(水たばこ)を吹かしてシャイ(甘い紅茶)を飲んでいる。
お題は、明日のデモだろうか。
隣に座ったエジプト人の若者に、「明日、タフリール広場で何かあるの?」と聞いてみる。
「何も、わからないよ。」という答えだった。
c0158636_21553157.jpg

カイロでの朝ごはんは、ゆっくりと屋上テラスで飲む「アホワ」(沈殿系トルココーヒー)
近くのローカル軽食スタンド屋で、アエーシ(ピタパン)のサンドイッチ:1£=14円!
ラジオから終始流れっぱなしのネチっこいアザーンを聞きながら、地元のおっさんと立ち食い。
「ターメイヤ」(そら豆をすりつぶしたコロッケ、トマト、キューリ、タヒニー)
「シャクシューカ」(イスラエル料理名物と同じく、卵とトマトのスクランブル。想像通りの味)
「ババガヌーク」(焼きナスのペースト状。ダシ醤油垂らしたい味)
(その他、肉もあったみたいだけど、嫁が殆ど肉を食べないから、情報無し)
c0158636_2234014.jpg

歴史を塗り替えた大革命が起きたタフリール広場で、第2次デモ。
夕暮れの暗くなる時間を避けて行って見ることに。
老若男女代集結のタフリール広場に入る際には、パスポートチェック。
男女に分かれてボディーチェック。
今や全く権威の無くなった警察は見かけず、市民が自ら協力し合って治安確保を行っていたのが印象深かった。
c0158636_225118.jpg

タフリール広場では、2箇所でステージを組んでアラブ語で叫んでいる。
人のウネリはロックコンサートの様。
国旗を振りかざす人々、愛国心メッセージTシャツの人、伝えたい事を紙に書く人、道に書く人、TVカメラに訴える人。
出会うエジプト人は、みな興奮気味に「ウエルカム!」
携帯電話やデジカメで写真を撮っている人の方が多かったんじゃないかと、PCを持ち込んで生中継している人もいた。
思ってたほど大規模にならず、10万人程度だったが、人々の叫びのエネルギーは渦巻いていた。
フレッシュオレンジジュース屋、タマリンドジュース屋、Tシャツ屋、フラッグ屋、革命家プロマイド屋(写真下)などの隙間産業もシッカリ。小競り合いも無かった様子。
デモは夜まで続いていたようだが、その頃には道端のカフェがいつもどおり大繁盛していた。
シーシャ吹かしながら、ネットブック開いている人も見かけたが、彼らには最強のコミュニケーションツールである金曜のモスク礼拝がある。
彼らの「底力の核」は、祈りの力、そこだろうなぁ~。
(エジプトは、夜間外出禁止令が解除され、カイロでは先週のデモもほとんどなかったそうです。)
c0158636_2282946.jpg
c0158636_22112123.jpg
日本の全国各地で、反原発デモ(6月11日)が行われている様子の生中継をエジプトで見ることが出来そうです。(ネット環境が良い、ダハブの海沿いすべてWIFIあり)
我が家もリアルタイムにデモに参加する気持ちで、声援を送りたいと思います。
(日本が朝10時だったら、エジプトは夜中の3時だな~。朝日が早いので4時には明るくなる)
c0158636_22141459.jpg

我が家の「リアルタイムという今」は、紅海のリゾート「ダハブ」に滞在中です。
イスラムのメッカ、サウジアラビアが海の向こうに見えます(たった17km)。朝日が美しい。
夕日はピンクの山脈シナイ山へ。
(キリスト教民族指導者モーセが十戒を授かった山、あの海を割った話は、この紅海)
噂どおりの楽園で、ある意味バックパッカー聖地。
アフリカ旅の垢を落とし、いよいよアメリカ大陸へ、中米に向けて英気を養い中です。
あ~深呼吸。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
♪旦那の音ブログ。音楽で世界を旅する。どうぞ→「旅するDJの世界音楽至福のひととき」
ॐ嫁のヨガジュエリー。穏やかな日々へ。どうぞ→「maitreya」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
[PR]
by laidbacktrip | 2011-06-09 22:16 | エジプト | Comments(1)

「ピラミッドパワー@エジプト」

c0158636_736415.jpg
大げさなオーバーリアクションの親切心が前のめり気味のエジプト人。
喜怒哀楽がはっきりし、表現力が舞台役者。
人々はとてもフレンドリー、一度会えば「ヘイ!フレンド!」と、イスラム流儀の一期一会。
我が家は、このイスラミック人懐っこさが好きだ。気が楽だな~。
道端でお茶&シーシャ。ボ~ッとしながら世間話する。口コミ談義のアラブ社会。
人間観察、楽しいひと時。芸術家も革命家も肉体労働者も、み~んな甘い煙に漂ってる。
c0158636_7231134.jpg
夜11時に到着した空港から、胴上げの様な客引きのタクシーにお世話になり(週末の深夜だったので市バスの業務は終了してた)、
ダウンタウンまで50£(エジプトポンド:1£=14円)で交渉成立(闇タクシーだったけど気の良いオヤジだった)、
片側4車線のドフラット車道を走り、地下道のハイウエイをブッ飛ばし30分、地上へ抜けたと思った瞬間、突如目の前にはダウンタウンの明るい光。
文明開化されたイスラム圏、「エジプト首都カイロ」のダウンタウンは、眠らない街。アフリカから来た我が家は、東京かと思ったよ。(写真下:常に大渋滞)
ショーウインドが輝き、夜遅くまで家族連れやデートする若者!
(イスラム圏なのに男女が腕組んで歩いている!大抵の男子は緊張してて肩に力が入り、腕組みされたいる腕が直角に曲がって拳を握っている)頭を隠す盛り巻きスカーフの女性達がキャッキャ!と、超有名アイスクリーム屋「イル アブド」に長蛇の列を作っている。
もちろん我が家も毎晩!濃厚マンゴ味&つぶつぶイチゴ味!3£(42円)文明開化の味。
c0158636_7311898.jpg
アフリカより気温が下がって、湿度も下がって過ごしやすくなったけど(最高気温35度程度)、
街中の音楽もアザーンもネチッコク、顔も濃くてネチッコく、
吹く風は爽やかだが、醸し出してる空気が爽やかじゃない。
でも、やっぱり砂漠のオアシスの町カイロは、乾燥してるから衛生的。
西アフリカ「ガーナ」で崩した体調も、カイロ滞在2日目で回復した。
c0158636_7244553.jpg
c0158636_7541715.jpg声をかけてくる人は、大抵下心があって最終的にはバクシーシ(喜捨)を求めてきたりするもんだと、疑いまくり勘繰りまくっていたが、
これが意外にも、イスラム圏特有の心底親切心な人も多くて、善悪全く見分けが付かない。
もう、この際、みんな善人として接しよう!
猜疑心で善人までもを疑い自分の心を曇らせるならば、悪人すらも信じて行こう。と思ったら。。。
案の定。。。
旧市街好きにはたまらないイスラム地区。(写真左:街で一番古い道。赴き窓の前で少女と写真の撮り合い)豪華なジャンデリアが灯っている「ムハンマド アリ モスク」のある「シタデル」に行く交差点で、まんまと「下心ガイド」の口車に乗せられついて行く。。
さり気ない登場で上手な誘い方だった。
でも、歩いている途中で「何か変?」と、気がついて一緒に歩くのをお断りした。しつこく無かった。
旅人3年半もやってて、初歩的な客引きに引っかかるズッコ家。
いやぁ~世界有数の観光地の客引きはベテランだったなぁ~。
(写真下:モスク内。みんな絨毯に座ってノンビリしてる。昼寝もOK。涼しくて静寂、柔らかく居心地が良くて好きだな)
c0158636_728357.jpg

最大の観光名所「ギザのピラミッド」へ。
ナイル川の大オアシスの果て、東サハラの果てと言われ、4500年前に作られた世界7不思議の一つ、ミステリーが詰まった宇宙的建造物ピラミッドが、
喧騒カイロ中心部から公共バス(1£=14円)、たった30分でビル建物の間から、その巨大な姿を現す。
その姿は、全く歴史を感じさせないラスベガスにあるようなピラミッド風ホテルの様、威厳もパワーもビルの隙間に埋もれている様に感じる。
そんなことを考えながらバスの車窓から眺めていると、バスの横のシートのおじさんが満面の笑みで、カメラ片手にした我が家に話しかけてくる。
「あれが、ナンバルワン ペラメド(No.1ピラミッド)、あれが、ナンバルツゥ ペラメド(No.2ピラミッド)」
この人は「下心ガイド」だろうか?「心底親切心」なのだろうか?
c0158636_726579.jpg
4500年前、日本がまだ水田農耕生活も無く、ウッフォ!ウッフォ!言いながら狩猟採取生活をし、精々作っても縄文土器程度だった時代に、
エジプトでは、国家事業の一環として、乾き切った砂漠に石を切り出し、ナイル川から水を運び、代表格のクフ王のピラミッドでは230万個の石を積み上げてつくられたそうだ。高さ146メートル。そんな気の遠くなる規模の建造物が、何個も何個もナイル川沿いのサバンナに転がっている。つい先日も発見されたというニュースがあったほど、まだ未知な偉大なる歴史。
そんな彼らが積み上げた石という文明の一端が、今では「ギザのピラミッド」からナイル川周辺まで広がる、無数の雑居ビルで形成されるカオスになるとは、
当時は誰も予想していなかっただろうな~と。
カオスと反対側の砂漠の地平線を眺める。
c0158636_7322968.jpg
同じ所から写真を撮った。凄いギャップ。写真上:砂漠にピラミッド。写真下:カオスを見つめるスフィンクスの後頭部。巨大リンガ?)
c0158636_8332041.jpg
ピラピッド間には、観光客バス用にアスファルトの車道が敷かれているが、我が家はピラミッドパワーと向き合いたくて酷暑の中砂漠上を歩いてピラミッド巡りしていると、
古代エジプトの象形文字と言われる絵文字の様な「ヒエログリフ」の書かれた建造物を発見した。
カイロ考古学博物館には遺跡(ミイラやツタンカーメン)も含めシコタマ置いてあったが、
青空の下、太陽の光、砂漠の上で見る、現場の乾いた石の「ヒエログリフ」は奇跡の大発見だ!と、吉村先生にご一報しようかと思った。
c0158636_7384664.jpg

c0158636_7394221.jpg
砂漠の地平線に浮かぶ宇宙的なバランスの建造物。未知なるピラミッドは、何かしらエネルギーを感じるモノがあった。
80~90年代スプーン曲げで一躍有名人となったイスラエルのテルアビブっ子「ユリ ゲーラ」のご自宅の庭にも、ピラミッドがありそこで瞑想しているそうだ。
あのグニャ~ンと曲がるスプーンは、ピラミッドパワーが成せる業。
あ~スプーン持って来たかったなぁ~。
暑さで曲がるだろうなぁ~。


スプーンの代わりに色鉛筆。
ピラミッドパワーで、
壁に絵を描かせてもらってます。


ハムドゥリラァ~(アラビア語:神のおかげで)

(写真撮ると変な影写っちゃうよ。。。サハラ越えの土産だよ。まだ中南米行くのに。。。困ったよ。。。)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
♪旦那の音ブログ。音楽で世界を旅する。どうぞ→「旅するDJの世界音楽至福のひととき」
ॐ嫁のヨガジュエリー。穏やかな日々へ。どうぞ→「maitreya」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
[PR]
by laidbacktrip | 2011-06-06 08:12 | エジプト | Comments(0)