「ほっ」と。キャンペーン

<   2010年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

旅の再スタート

学校から提供されていたアパートの部屋の荷物を、ウキウキしながらバックパックに詰め直し。
我が家、ふたたび旅の駒を進める。
日常化した旅から、生活の非日常を体験。
たった6ヶ月のネパール滞在とは思えない出会いの数々。

なんて大げさ言ったりして。。。アジアには沈没している旅人も多く、一箇所6ヶ月滞在なんて小休憩にも何にもなんない時間単位。

さて、どこへ行こうかな~ 西へ向かおう!



旅再スタートの良き日に、日本から友人達がやってくる。

彼らと共に旅人再開。
あ~なんて素晴らしい日なんだろう~。

しかし。。。

明日から、かつてテロリスト扱いされていたマオイスト政権(中国毛沢東主義)の50万人デモ&ストライキ決行予定。商店も交通手段もすべて社会の機能が停止する。
ネパール人口3000万人。60分の1の人々がマオイスト集会に参加。
過激派が続々とカトマンズに大集結。。。町は異様な興奮と不安に満ちております。
血の気の多い山の民に対し、現政府は軍隊を配備。

今夜は「LAIDBACK@KATHMANDU」

今から、日本から来る友人達を空港まで迎えに行って来ます。
[PR]
by laidbacktrip | 2010-04-30 12:45 | ネパール | Comments(1)

カトマンズ、土曜の夕暮れ

昼寝後の散歩は、見慣れた景色も異国だと感じる。

我が家の近所は、外国人が全くいない、ネパール人のみ。
車もバイクも自転車もほとんどない。
みんなテコテコ歩いている。
みんなボザ~っと道端で座り、談笑し、チャー(ミルクティー)を啜って微笑んでいる。
道では、子供たちが空気の抜けたサッカーボールを蹴り合い、少し年上のお姉ちゃんが子供の世話をしている。男たちはやはり賭博に勤しんでいる。
歩く速度よりも、さらに遅い速度が町に流れている。

ちょっと寄り道してドーナツ屋へ。と言っても小さなローカルショップ。
もちろんローカルエリアなので英語は通じない。
片言のネパール語で話す。
「おばちゃん、ドーナツ2つちょうだい」
「無いよ」
「パウンドケーキ風ならあるよ」
「一ついくら?」
「20ルピー」
「ドーナツより高いね」
「そうだね」
「昨日のドーナツならあるよ」
「昨日の?」
「じゃ、いらない」
「また来るね」
「またね」

またテコテコと斜陽の中の散歩。
治安が良い。
ゆるい。

異国だと感じる。


今夜は停電だから外食にそのまま歩いて行く。
100mに100人は、道にいる。
やたらみんなテコテコ歩いている。

200席ほどのMOMOが看板メニュー、ローカルに有名な「Bakery cafe」へ。
ネパールに何店舗もあり、ちょっと背伸びしていくファミレスみたいな店。
ほぼ満席の気持ち良いガーデンレストラン。
店員は全員、聾者。接客は手話かジェスチャー。キレのある教育の行き届いた接客業。店員同士は遠くても手話で会話ができるので、話し声は少ない。店員を呼びとめる声も無い。そして店内は音楽がかかっていない。

看板メニューのMOMO(餃子)を食す事にした。
ベジMOMO、チキンMOMO、バフMOMOの3種を、Steam,Kothey,Friedの3種の調理法から選ぶ。それ以外に「C,MOMO」と書いてあり、「C」って何だろう?と思いながらも、店員にこれを手話やジャスチャーでは質問出来ないし、聞いたところで結局好奇心で注文しちゃうんだからと。
出てきたMOMOは、「酢豚」にMOMOが入ってる。豚は入っていないので、酢MOMO。

毎日マサラ味なので、たまには西洋味、グラタンを食す事にした。
チーズ大国アルプスの麓の環境と何ら変わらない、ヒマラヤの麓は贅沢にもチーズが新鮮で濃厚、安くて旨い。100g=45RS(65円)野菜の甘みと新鮮な牛乳とチーズがこんがり焦げ目の下で溶け合う。いろんな野菜が入っていた。きゅうりも入っていた。

すっかり当りは暗くなった。
停電なので懐中電灯の明かりでテコテコ歩いて帰る。
100mに10人くらいは道にいる。

しかし、治安が良い。
ゆるい。

異国だと感じる。


昼寝後に安心して散歩できる環境って、何かの基準になる気がした。

今日も幸せだ。
[PR]
by laidbacktrip | 2010-04-24 21:44 | ネパール | Comments(0)

サラリーマン旅に出る!

c0158636_21235425.jpgアイスランドの火山噴火の影響で、ヨーロッパ行きのフライトがないらしく、旅人達がここ「カトマンズ」でも足止めを食らっている。
どうせ帰れないなら楽しめばいいじゃんと思うが、やはり自分の会社や家族の事が突然気になり始め、帰れる日を待ちわびている。

休暇が短くてぼやいていながら、急遽長くなった休暇にぼやく旅人達もいるなか。。
ヒマラヤを拝みに来て、火山を叩く。。。山に見せられ、山に泣く人達もいるなか。。

昨夜、エベレスト登頂を狙うエクスペディショングループのドイツ人達と飲んだ。
ちなみに昨年のエベレストクライマーは、全体で804名(男性720名、女性84名)
一見、ただのユーモア溢れる面白いオッサン達(平均46歳)だが、さすが7サミットクルー、緊張と弛緩を熟知し呼吸が違った。笑いが絶えなかった。
腹の決まり具合や肝の据わり具合が本物の山男を感じさせた。
エベレストBCクルーは左の薬指に指輪をしていたが、エベレスト頂上クルーの指には指輪がなかった。c0158636_2125281.jpg
山男には惚れるなよ~♪って?。。。摂氏40度の世界に指輪は不必要なんだろう。
数々の大企業をスポンサーに付けていて、どうやらその世界では有名な方々らしいが。。。
申し訳ないが知らん(笑

自分自身の矛先(道)を知っているドイツ人登山家46歳曰く、
「40代は、リサイクルティーネイジャーだからね!」だそうだ。
もう一度、10代しちゃってんだよって言えちゃう人生の先輩方。
こういった世界中の曲者兵とも出会う事ができるのも、ネパールの魅力。

そういえば、ベトナムで知り合った日本人女性54歳も同じような事を言っていた。
「40代は、自分探しだから!」と。c0158636_212691.jpg


最近、雨が降るようになり、空気が綺麗になり、通電し、水道から水が出て、幾分か過ごしやすくなった。待ちわびた「マンゴ」売りも自転車に山盛り積んで家の前にやってくる。雨季の前の夏がやってきた。
今、「カトマンズ」は、足止め食らってる旅人やエベレストを狙う登山家、酷暑インドから逃れてきた旅人などが集まっていて、ベストシーズンのタメル地区の人口密度はドピークを迎えている。
個性豊かな人生経験豊富な興味深い人たちとすぐに知り合えるのも、小さな首都の村社会ならでは。
日本の音楽家、裏ロック界のドン、鉱物学者、ネパールに10年以上住む在住者達、登山家、元市長などなど。
相変わらず、いろ~~~んな出会いが多く、有難く楽しませてもらっている。
ちなみにズッコ家はタメル地区に住んでいないので、帰れなくなり(家の門が閉まっちゃうので)朝帰りでボランティア学校勤務多々。

c0158636_21281116.jpg
先日行われた、と言っても1週間前だが、ネパールのNEW YEAR カウントダウンパーティー。
1日じゃ着地し切れなかったオーナーから、アフターパーティー依頼。
結局、NEW YEARの夜もDJすることになり、2夜連続パーティー。
NEW YEAR パーティーは、DJ JET STREAMソロ。

すると、突然フロアーで名古屋の友人達と劇的遭遇!
なんでここにいるの?
日本の貴重な休暇を利用してネパールに着いた初日、DJ JET STREAMの看板をたまたま目にしたそうだ。
予期せぬうれし~い再会!!!!
いきなりカトマンズが名古屋臭。
久しぶりに名古屋弁を聞いたけど、強烈だでかんわぁ~

会える人には会えるようになっている。c0158636_2131293.jpg
もちろん、ヒマラヤも美しいし、ネパールの古き良き古都も赴きがあり、感銘を受けるが、
やはりこれもみ~んな出会い。これ財産。

そして、「Laidback in Kathmandu, Nepal」
4/30 (fri) @ electric pagoda
http://www.electricpagoda.com/

DJ tanimoto!!!!!
DJ Jet stream

旅JETのブログ↓
http://blog.livedoor.jp/dj_jetstream/

c0158636_21312757.jpg

大切なGWを利用して、日本から友人達がネパールに来てくれる!
2007年12月に日本を出て、2年半経つというのに、切れた凧のように遊牧している我が家を忘れることなく、
何度も我が家の旅路に合流してくれるWWP会長を筆頭に。

旅人生している旅人同士の旅路での再会とは、ずいぶん違う。
日本から来る彼らは、家族を持ちサラリーマンをしている人達だから。
思う存分一緒に笑い合い楽しみたい旅の出会いを。
[PR]
by laidbacktrip | 2010-04-20 12:55 | ネパール | Comments(1)

新聞掲載、「先生!私は先生が好きです(片言の日本語)」

c0158636_1513132.jpgネパールの最大の武器でもあり、最後の砦でもあるのは、やはり世界最高峰エベレスト。
ここを今、同性愛者のハネムーンとして推奨しているネパール国。
「ピンク エベレスト」というキャッチコピー。
外貨取得のため、観光業になるならばと、なんでも御座れな国。

ネパール人は、やたら話すとき顔が近い。人と人の距離が近い。近すぎる。
ハードボディタッチ、並ぶ時は自分の乳頭を前の人の肩甲骨に付けるのが基本、バスのシートは肩が重なる。
一人=寂しいという図式の家族(カースト)単位社会。村八分を恐れている寂しがりや達。
男同士で手をつなぎながら歩いている光景も当たり前。彼らは別にゲイでもなんでもない。
だから、カモフラージュ社会は整っている。

実際、我が家も麻痺していて(慣れた)特別な感情は抱かないのだが。。。
先日、日本語ボランティア学校で、「先生!私は先生が好きです(片言の日本語)」
ネパール人21歳青年に握手されながら告白を受けた旦那。c0158636_1516921.jpg
自分が教えた日本語を応用して。。告白された。笑

そんな旦那が、「fr!day」というネパール週刊誌に掲載中。
new near 2067! Eve party!の告知。新聞での情報が影響力大のネパール。
ネパールの情報誌(新聞も含む)の中ではわりとがんばっている感デザインのECS社発行。

Date:13 April (tue)
Venue:Electric Pagoda, Time:7:30pm onwards
4th Element,the R&B,jazz,funk and soul band from India will be playing on Nepali New Year`s Eve,which will be followed dy a DJ session by “Jet Stream” from Japan at the Electric Pagoda.
c0158636_15175834.jpg

ネパールボランティア生活5ヶ月間で2度目のカウントダウン。楽しみ~

ちゃんと腕時計持って行かなくちゃ。前回カウントダウンの瞬間がわからなかったもんね。

あっ目覚まし時計しか無いんだった。。。笑
[PR]
by laidbacktrip | 2010-04-11 15:22 | ネパール | Comments(0)

禅の牛十図&カトマンズライフ最終章


ここネパールはヴィクラム暦のカレンダー。
毎月、新月から始まり新月で終わるサイクル。
要はすべての生活リズムが、月の満ち欠けを元に成り立っている。
ヒマラヤ山脈に眠るパワーストーン達の引力と1日12時間の停電のおかげで、毎日ほとんど瞑想しているような日々。
自然のサイクルがより近いし強烈。
今回の天秤座に位置する満月のパワーは、旦那が天秤座の影響あってか、
まるで禅の牛十図の大悟並にズド~ンと響いたエープリルフール。
我が家が小悟を繰り返しながら、デカイループに乗ったぁ!なんて勘違いしている今日このごろ、
日本では桜が美しい頃ではないでしょうか?


さて此処ネパール首都、村社会のカトマンズ。
ヴィクラム暦の年末でして、2066年(暦先進国)もあと残すところ2週間。
ついこないだの2010年カウントダウンDJパーティーも記憶新しいまま。。。

2067年カウントダウンDJパーティー開催!!!!!!!笑
山に暮らす祭り好きの多民族国家ならでは。
DJ JET STREAM 客演です。
2010年カウントダウン同様、カトマンズ各新聞社は挙ってパーティー情報を掲載します、そこへ旦那も載る予定です。どんな写真にしよっかなぁ~。笑

4/13(tue) New Year Countdown Party 2067!! Kathmandu!
@ electric pagoda
4th element
DJ Jet Stream

そして!みんな大好きGW!やります!Laidback海外編!
ずっこ家夫婦の拠点世界の屋根ネパールはカトマンズにて!

Laidback in Kathmandu, Nepal
4/30 (fri) @ electric pagoda
http://www.electricpagoda.com/

DJ tanimoto!!!!!
DJ Jet stream


WWP!ワールド ワイド パシリ改めまして、ワールド ワイド パーティーピーポー大集結!


これにて、カトマンズライフ最終章!

日本語学校のボス(ネパール人)の心無いいい加減な契約のためVISA切れ。
10月までの滞在予定が6月末で強制出国。
しかし、生活悪環境(水、空気)に潮時かと感じていた矢先なので、結果オ~ライ!
十分、学ばせてもらったボランティアの現状。


牛十図の第十図「入廛垂手」
さぁ~ ネクストレベルへ 西へ再び旅立つ時が来た。

よろしく牛十図~!
[PR]
by laidbacktrip | 2010-04-02 11:14 | ネパール | Comments(0)