<   2008年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ホッピング中国IN

2008年6月15日~18日

ホイアン~ハノイ…快適さに味を占めた寝台バスで17時間移動 朝7時ハノイ着

ハノイ…道徳さの欠片も無いベトナム人とインフレに愕然の中、再会した在住者からピースな報告でほっこり。生地市場でベトナム鬼嫁に混ざり、「I LOVE VIETNAM!」と叫けんでまで価格交渉するこの技と浅黒いサッパリ顔の嫁は、「ラオスとカンボジア、どっちの出身国だ?」とおばちゃんに言われ、ラオス人として生活する

ハノイ~中国国境IN~南寧

ハノイから南寧まで国際バス25$前後(去年まで16$)
しかし、我が家はもちろん乗らず、ノリと笑いで行って見せます格安ドローカル移動!

朝5時半発のハノイ発の電車が来ず。。いきなり出鼻を挫かれズッコケ(時刻表が古かった笑)
「ハノイ駅」~「ジアラム駅」…ボッタクリタクシーぶっ飛ばし30分←メーターが改造されていて料金がガシガシ上がっていく、さすがハノイシステムのメイドイン チャイナ

「ジアラム駅」~「ドンダン駅」…37000VND 5時間半 
木製直角シート薄暗いローカル電車内で朝から何も食べてないのに、車掌さんに焼酎を勧められる。景勝ルートひた走る気持ちよい景色。

「ドンダン駅」~中国イミグレ…バイタク10000VND,タクシー30000VND 20分

中国国境IN!…旅して6ヶ月経過でまた一カ国目の中国へ再入国。縦軸世界一周か?
入国の際、荷物検査にて旦那の心の恋人DJセット一式だけが別室に連れていかれる。。
ここでDJセットも終了か?パスポートよりも大切にしているのに。。ここで涙のお別れかぁ~?ショボクレル旦那の前に検査員が帰ってくる!
「このDJセットで中国のダンスフロアーを沸騰させてくれ!」!YES!

「中国イミグレ」~「最寄の駅」(名前忘れた)…トゥクトゥク10元 30KM移動
「最寄の駅」~「南寧」…時差を忘れてて危うく乗り過ごす。。ギリ奪取でセーフ。

「南寧」…ドタバタ空腹国境ローカル超え 国際バス25$に乗らず自力10$でこなした達成感に酔いしれながら、旦那の大好物餃子食の毒入り国入国と共に


「餃子城にて我が家 陥落す」笑
[PR]
by laidbacktrip | 2008-06-18 16:23 | 中国

HUE~ホイアン

2008年6月12日~14日
12日AM8時発 ~4時間
朝から寝台バスであっという間に移動。
白色シーツのシートは救急車の様で,自動的に横に寝るスタイルは患者気分だが、違いはこのシーツ。。ダニがいて痒い。。

哀愁漂う古の街ホイアン。バイクも人も少ない旧市街は、東方建築やフランス建築などの古い家屋を宿屋、カフェを素見ながらの街歩き、食べ歩きにはうってつけの庶民派美食天国!!

39度 の高温多湿 バテながら食べ歩く。蒸し暑い。。嫁は苦手な気候でバテている。。
田圃広がる景色は日本と変わりない。そして呱呱は米を利用した料理が多く、ライスペーパーを庭先で乾す民家もある。雲呑、ホワイトローズ、ラオカウがホイアン3大名物料理!どれも美味い!ワカモレ(メキシコ料理)のトルティーヤを米でアレンジした物もあったな~。鴨粥!!世界中を旅した人のベスト粥が此処ホイアンの鴨粥らしいが本当に美味い!!
ベトナム料理は市場や屋台が豊富で、ベトナム人の舌はレベルが高いなぁ~
ボッタクリは交渉次第で、良く言えば相手は商売上手(ハノイやHUEより物価が安い)
うまく交わして美味しく食べる食べる!


古民家カフェギャラリー巡り、キッチュな雑貨や庶民派ベトナム料理を腹一杯食べて、生地市場で布に埋もれて昼寝したい人にはオススメの地

名古屋で言うならカフェギャラリー[隠れ家ギャラリーえん]だね~
妹さん誕生日おめでとう~!

こんな高温多湿は旅先でスイス人スキーヤーと出会い意気投合!
ニヤリな嫁、山RADIOのBOSSネタもスイス人大爆笑!

今後が楽しみな展開目白押し~
c0158636_14472894.jpg
c0158636_14474860.jpg
c0158636_14481574.jpg

[PR]
by laidbacktrip | 2008-06-15 12:36 | ベトナム

フェでふぇ~

2008年6月10日~12日 ベトナムHUE

どうしたベトナム人??!!
良い人ばかりじゃないか?
ぼったくりも大した事ないじゃないか?!口調もうるさくないじゃないか?!
空も青く空気も爽やかじゃないか?!通りの道も綺麗じゃないか?
過ごしやすいじゃないか?!どうしたベトナム人?!

南北に縦長い国家は、北と南では全く人種が変わると聞くが。。これほどまでとは。。2年に1度のBIG FESで町中浮足立っているからか?ラッキーなタイミングにベトナムIN。ベトナムイメージ上昇~

そんな中、アメリカ海軍でベトナム戦争にも参戦していた黒人おじさんと出会った。彼曰く、戦争当時はベトナムの文化に全く気付かなかったそうで、戦後改めて訪れて、多くのベトナム独自の文化が遺されている琴似感動感動たらしく、文化は守るべきだと語ってくれた。出会いは財産だな~

旧市街で宮邸料理ディナー、ベトナム庶民派屋台で屋台で舌鼓。旅痩せを取り戻そう~c0158636_14411780.jpg
c0158636_14415240.jpg
c0158636_144266.jpg
[PR]
by laidbacktrip | 2008-06-11 18:43 | ベトナム

旅して6カ月経過

この半年間あっと言う間に過ぎる。そしてまだ東南アジアにいる。

旅への期待感、こうして 続けられる喜びで心踊る 日々は,旅が日常化した今も消える事は無い。
むしろ これから広がる世界と人生が楽しみで溢れている。

多くの面白い人達にも出会えた。中には旅を続ける精神力と体力不足で帰国せざるおえない人達、悟り顔の若年寄りの沈没者もいた。

旅は人生の縮図とは良く言ったものだ。

たとえ同じ旅路でも見ている、見えている、感じている世界の違いが色濃く映し出される。別に旅に出なくても一緒だな~ 歩を止めた旅人や沈没者たちは、過去の人生でも同じことを繰り返してきていると思う。旅で何かを得る事を、誰かがいつか与えてくれると結局カゴの中で待っている。

世界はもっと広いのになぁ~
[PR]
by laidbacktrip | 2008-06-10 15:23 | ベトナム

急遽行き先変更


タイの北部へ入る予定だったがベトナムへ。

月水金朝10発ベトナム国境HUE行きVIPバス(7時間、110000KIP)爆音タイPOPS流れるクーラー付きVIPバスで金銭ヤリ取り厳しいベトナムに4カ月ぶり再びIN。
いままでの旅の経験、神経の太さ、器の大きさ、成長を知るチャンスでヤンス。

ベトナム国境へ近づいた頃に、爆音爆進していたVIPバスが何もないみちで 突然2人のおばちゃんを拾う。何故??
闇両替おばちゃん。KIP~VND当然低い言い値。もうベトナムが始まっている。東南アジアで鍛えた笑顔交渉術。しっかり正規金額でクリア。虎視眈々と繰り広げられるゲームの様で楽しめた。
そして並ぶ 事を知らないイミグレも横入りしてくる奴等を交わして係員の窓口へパスポートを投入れ、顔確認が出来るよう顔面を窓枠に嵌め込んでフィ二ッシュ!!!

いよいよだ!待ってろ~ベトナム!楽しんじゃうぞぉ!

息んで入ったHUEでは、なんと2年に1度の国際ビックフェスティバルが開催されていたぁ~!またもや祭りが引き寄せたか??笑
フェス詳細 http://www.huefestival.com/
[PR]
by laidbacktrip | 2008-06-09 15:22 | ベトナム

デット島~サワンナケート

朝7時 パオの船でデット島を発つ。バンナカサンからパクセー経由(3h30、魚やヒヨコと一緒にソンテウ)でサワンナケートへ(6h、カラオケ付きバス)

さてさて宿すんなり決まったが財布にKIPが1枚も無い。。ドル現金も10$のみ。。今日は日曜日。。24hATMもなぜか閉まっている。ん~..

ベトナムとの国境超えの要所。
ベトナムからこの町に入れば田舎に感じるだろうが、私たちは島から来たので充分都会。なんとかKIPを手にいれて、メコン川を眺めながらお座敷と言うか、地ベタに花見のように座り、[スキ]というラオス式土鍋でほ~っとした.

道を歩いていたら突然, 客引き店員の娘に[スキ!!]と言われてドキドキしてしまった(笑
c0158636_14382873.jpg

[PR]
by laidbacktrip | 2008-06-08 14:55 | ラオス

最終日

人との出会いが旅の醍醐味 しかし必ず訪れる別れ
ラオスビザ有効期間15日中13日間め~いっぱい過ごしたデット島

不思議日本人にも多く出会った。
最近日本人に会ってなかったのでビールをご馳走するから話を聞いて欲しいと声をかけてきた カップル
ギリギリまで追い込まなきゃ!!と言いながらほぼ毎日長距離ランニングをし、この島に不釣合なシンドい表情をしている関西人
どの人も愛すべき 旅人

そして此処の宿のオーナー水牛よりクボタやヤマハが欲しいMrPHAO!ママはマイさん、姉はピエン、兄はサァ君、弟はしんちゃんとおじいちゃんおばあちゃん 愛すべき家族!

ラストナイト はサプライズだった。
パオが僕達の家族の門出だからと、仏教儀式バーシー(人生の節目に行われる儀式。托鉢用の鉢に米を敷き詰めて、そこへバナナの葉の塔や花、聖なる白絹糸を竹に結び飾る膳を女性が作り、一家の長老がラオラーオを飲みまわしながら祈り、聖なる白絹糸を手首に手首巻き合うラオス伝統儀礼)を執り行ってくれたのだ。
私たちを含む全員の旅人の安全と本当の意味での幸せ、実りある人生、僕らは一つの大きな大きな家族だという意味を神へ祈りを捧げた.
数多く訪れる旅行者と出会う宿のオーナー、通り過ぎていく旅人一人一人に全霊の愛と誠意を持って接する人間味溢れた今夜最高の最高の一幕。彼らの温かみに涙溢れた。2週間滞在していたが初めての光景、なにか 何かお互い通じた様だった。


しかし今夜はそれだけでは終わらず。。パーティーがもう一発。2週間何もない日々だったのにラストディーに限ってWパーティー。。ラオス人奥様を持つドイツ人のお宅でフレンチカップルの誕生日会。
実は前日この島にラオス大統領?政治関係者が来て来島祝賀会がオープンエアーで行われていた。それを見に行って門前払いを食らった時に出会った我が夫婦とこのフレンチガイ。(いつでも出会いは突然ね!)
出会った瞬間に[こいつとは出会ったぁ!]と感じた。また会いたいと思っていたら私たちの居場所を探してまで誘ってくれたパーティー。メコン川の魚、鯰料理や多国籍を肉屋の肉屋オージーがアブサンと共に振舞う。パオと交わしたラオラーオやアブサンが回り始めて酔払うぅぅ~いつもの様にハンモックで旦那気絶(笑 素人なのになぜか嫁はポイの先生にいつのまにかなっていて、楽しかったという記憶と2日酔いだけが残った。


最高のデット島の温かみ
またいつか必ず戻りたい地
c0158636_14343798.jpg
c0158636_14345333.jpgc0158636_1435597.jpg
[PR]
by laidbacktrip | 2008-06-07 22:40 | ラオス

メコン川でバタフライ

見た目の緩さとは違い、流れが早くてビビったぁ~ 気持ち良い~!次は黄河か?ガンジスか?笑
c0158636_14323459.jpg

[PR]
by laidbacktrip | 2008-06-06 22:36 | ラオス