カテゴリ:エルサルバドル&ホンジュラス( 1 )

「中米弾丸3カ国縦断」

「エルサルバドル」の首都「サンサルバドル」近くの町「サンタ テクラ」でサーファー達とのホームステイ生活。
生憎、ハリケーンがダブルでメキシコからグアテマラ一帯に停滞しているため、毎日土砂降りの大雨。
洪水や土砂崩れのニュースが絶えない。状況が酷くなる前に避難しよう。
ハリケーンから逃れるかの如く、大雨の中、湿ったバックパックを背負って中米南下縦断。

朝食をローカル食堂、カウンターのショーケースに並ぶオカズを指差してオーダー。働き者のニコニコな店員さん達。エルサルバドル、人がすっごく良い。
「ププサ」と言う、トルティーヤの間にトロトロチーズとフリホーレス(黒豆煮)を挟んで鉄板焼。インドのパラタの油を抑え目にした様な感じ、トマトソースとキャベツの千切りピクルスが付け合せ。すっごく美味しい。昼食をガッツリ食べる習慣のエルサルバドーニャ達の夕食は挙ってププサ。0.35ドル。ズッキーニ入りや豚肉入りもある。
c0158636_2595635.jpg

そのままローカルバスを6台乗り継ぎ、合計16時間。
「エルサルバドル」~「ホンジュラス」~「ニカラグア」の3カ国を跨ぎ、夜10時「レオン」到着。
「ホンジュラス」入国後に、ローカルバスに乗ろうとしたら、聾者日本人旅人と3年ぶりにバッタリ遭遇。パキスタンぶりこんな国境でバッタリ。嬉しい再会。

3カ国目の「ニカラグア」国境から「レオン」までの最終バスが夕方6時までだったんだけど、
ギリ間に合わず。。。外灯も無く真っ暗。。。土砂降りの雨の中を歩いて国境超え。。。
トラックでもヒッチして何とか近くの町まで行こうかと思っていたけど、国境超えの1km橋を荷物持ちリアカー客引きを振り切って雨の中歩く。
この荷物持ちリアカー達には、泥棒が多いとの前情報。こんな暗闇、格好の餌食だよ。。。
なんせ真っ暗なので、聾者の友人の口元が見えず意思疎通が難しい。
いつも使わない神経を研ぎ澄まし雨に打たれながらの会話。それも何だか久しぶりで楽しい。
凄く良い経験をさせてもらった。聾者の友人は世界を旅して4年目。聴覚に頼り切って旅している自分達からしたら、本当に凄いリスペクト。
日本語も英語も、フランス語もスペイン語も口話。彼は殆ど口元を読みきっている。是非、音の無い世界旅の本を出版して欲しい。挿絵は嫁で(笑
そんなこんなで歩いていたら国境超えたところに、ちゃんと乗り合いミニバスが隙間産業的に価格交渉で待機してて、「レオン」までミニバス乗り換えて、なんとか1日で滑り込み弾丸移動。

陸路旅の醍醐味、国境超え。緊張と期待と不安を1日に3カ国分。c0158636_305656.jpg
しかも大雨。
覚悟を決めての移動。
久しぶりの大移動で体力的にはかなりクラったけど、ローカルバスでも基本的に乗り換えも解りやすいし、異常な待ちも無い。人も親切だから、精神的な疲れは無かったな~。
友人とのバッタリ再会や、日本の友人からの嬉しいニュースなども、雨の中で心を温められた。(写真:ホンジュラス人と和気藹々のバス停)
c0158636_354145.jpg

さらに「レオン」も大雨の日々。
バックパックも濡れて重く、靴も乾かず、Tシャツやパンツも3枚づつしか持ってないから、洗濯ルーティーンが切れる。。。臭い。。。
でもね、コロニアル建築の中庭のあるカフェで雨宿りネットしながら、のんびりと過ごしてたら、
庭のハイビスカスに、「ハチドリ」が2羽も来たんだよ。
可愛かった~。

そして、ジメジメで大雨な「レオン」から南下し「グラナダ」へ、ハリケーン地帯から逃れられますように!と、まだ体の疲れも回復してないまま移動。まだ、バックパックは濡れてて重い。。。
途中、中米で一番治安の最悪な首都「マナグア」でバス乗り換え。
聞いた話では、首絞め強盗や拳銃突きつけ強盗など、恐ろしい経験談が多い「マナグア」
バスの車窓から見た限りではそんなにゲットーな臭いはしなかったけど、凶悪犯はスーツを着て紳士的らしいから見た目じゃわからないな。。。
予想以上に近代化された町並み、日本の援助で出来た道路で日本車のミニバス。乗り心地快適。「マナグア」ミニバスなら乗り換えはスムーズと聞いていた通り、乗り換え30秒で即出発。「グアテマラ」から中米のローカルバス「チキンバス(アメリカのスクールバスのお下がり)」を乗って来たけど、今回はコレで良かった。
すんなりと「ニカラグア湖」の湖畔、キューバの田舎にいている、のんびりとした「グラナダ」に無事到着。
オレンジ色の瓦屋根の平屋コロニアル町を馬車の蹄の音が響く、メキシコからず~っとコロニアル町が旧市街のメインアクトだったけど、「グラナダ」3本の指に入る素敵町。
c0158636_345867.jpg

晴れた~!水シャワーでも大丈夫~!(笑c0158636_361798.jpg
中米ローカルバス移動の難関を突破し、ハリケーン地帯も突破。ホッと一息。
連続移動の緊張と、疲れを癒すのに、最高な地「グラナダ」
「ニカラグア」こんな素敵な国とは思わなかった。太平洋とカリブ海が近いからか音楽もメキシコ系じゃなくてカリブノリになってきた。キューバを思い出す。
15年前まで内戦してたとは思えないほどの町並みと人の優しさ、穏やかさ。
訪れた平和を大切に謳歌しているシンプルライフ。(写真右:グラナダ料理「ヴィゴロン」ユカイモと豚の皮揚げ、キャベツのピクルス。肉は旦那担当。)

溜まった洗濯と外ヨガ。c0158636_2583593.jpg
シャバアサナで大地の目線。

羽きり蟻発見!
雨で落ちたハイビスカスの花を、小さく小さくちぎって背負ってせっせと運んでいる。
中米の国立公園で見られる蟻。
コレ見たかったんだよ~!
嬉しい!



♪旦那の音ブログ。音楽で世界を旅する。「旅するDJの世界音楽至福のひととき」
ॐ嫁の蓮ジュエリー。穏やかな日々へ。「maitreya」
[PR]
by laidbacktrip | 2011-10-18 02:18 | エルサルバドル&ホンジュラス | Comments(1)