カテゴリ:イスラエル( 4 )

イスラエル写真集。ソフィアより

右手のコンビニの袋にはポテトチップ。左手にはライフル。徴兵帰りのデート。c0158636_20213581.jpg
こんな光景が日常のイスラエル。
聖と俗のふり幅が極端。
生活の抜きどころをアートと快適さで追求し加速する。
戦争と平和と宗教と祈りが渦巻く、
ある意味世界の縮図。
c0158636_20252964.jpgc0158636_20265767.jpgc0158636_20291537.jpgc0158636_20322093.jpgc0158636_20332126.jpgc0158636_20342133.jpgc0158636_20364732.jpgc0158636_20381452.jpgc0158636_2039464.jpgc0158636_20421164.jpgc0158636_20441275.jpgc0158636_2045198.jpgc0158636_20462561.jpgc0158636_20491591.jpgc0158636_2051059.jpgc0158636_2054229.jpgc0158636_20525843.jpgc0158636_2056210.jpgc0158636_20565132.jpgc0158636_2058959.jpgc0158636_2143474.jpgc0158636_215427.jpgc0158636_21162724.jpg
c0158636_21204844.jpgc0158636_21221086.jpgc0158636_21231229.jpgc0158636_21242224.jpgc0158636_21252129.jpg
[PR]
by laidbacktrip | 2010-08-31 21:47 | イスラエル

広島原爆「裸足のゲン」イベント@テルアビブ

イスラエルの週末は、木曜の夜からスタート。
金曜、土曜は安息日で、日曜は普通に街が稼動し始めるのですが、
テルアビブのビーチは人がいっぱいです。
地中海沿いのビーチリゾートでは、基本的に曜日など関係ないようです。

そんで、今週末のDJも金曜でなく、木曜だそうです。(日にち間違えたので再度告知)


広島原爆日の前日、8月5日。
ナチスによる大虐殺の歴史を背負う、ドイツ人とイスラエル人による、
日本のコミック「裸足のゲン」アートイベント。
DJは、アメリカに原爆を投下された国の日本人。
場所は、ここから車で1時間の距離ガザ地区では、
今も戦争が起きているとは思えないほどの、リゾート地「テルアビブ」

8月5日(木)19:00くらい~
場所:Spaceship Gallery( Hayarkon street 70,Tel Aviv.)
アートギャラリーの屋上がパーティー会場、地中海ビューです。


世界中が平和でありますように。
[PR]
by laidbacktrip | 2010-08-02 02:29 | イスラエル

「犬も歩けば芸術家に当たる町@テルアビブ」

旦那が出演したイスラエル映画情報。c0158636_2120660.jpg

「2 night」
一足先に鑑賞させてもらいましたが、実に良い映画!!!!!
都会を生きる人々の心情の深さが実に良く表現されていて、日本のキーワードもちょいちょい出てくる。(監督は日本好き)
みんなに是非見てもらいたい味わい深い作品。
もちろん我が家ゴリ押し!
「ZUKKOKE FILM AWARD 2010!」笑

なんど、デモ段階でイスラエル映画基金のどーのこーので受賞したそうです!
こりゃ完成作品、世界中で公開されるといいなぁ〜!今後が楽しみだね〜!
http://www.twonight.co.il/

そして此処、地中海に面した芸術家の町「テルアビブ」c0158636_2192971.jpg
歩いて職場へビーチへカフェへと、たいして大きく無い町は過ごしやすい。
サラリーマン、ネクタイ&スーツ姿の人を見かけません。
出会う人すべてが、芸術家(笑

先日、地中海が望める素敵アートスタジオの会議に、なぜか日本人アーティストとしてズッコ家参加しました。

会議の初めに、「何を飲みますか?」と聞かれ、普通はお茶かコーヒーが出てくるはずなのに。。。

まず一杯の水が出され、その後に、
「ウォッカ」「ウイスキー」「アラック(地酒」 のどれか?ですって。。。

そこから会議スタート。(笑

さすが反骨精神国、不良です。(笑

そして、ここテルアビブで、8月6日「広島原爆」の日から、
ドイツ人とイスラエル人による「裸足のゲン」アートイベント開催されます。
場所はhayarkon St 70(アメリカ大使館近く)のアートスタジオ&ギャラリー(名前忘れた)
オープニングパーティーで、日本人DJとして旦那「jet stream」客演することになりました。
当日は、音や人が漏れているので、すぐに場所が見つかると思います(笑

この東京並みの物価、おしゃれな生活スタイルの町で、我が家に。。。
仲良くなった画家の女性からアパートが提供されました。
テルアビブっ子達は、仲間意識と平和願望が強く、楽しい人たちばかりです。

我が家、現在イスラエル在住です。(笑
c0158636_2113983.jpg

[PR]
by laidbacktrip | 2010-07-29 21:02 | イスラエル

映画俳優デビュー@イスラエル

アラブ諸国を旅する人々に「ディズニーランド」と呼ばれるイスラエル
c0158636_2325454.jpg
















イスラム教、キリスト教、ユダヤ教の世界最大の聖地「エルサレム」には、アラブ人、パレスチナ人、アルメニア人など、各々が独自の真理を貫いて生きている。共存でなく奪い合いの地。

東京並みの物価にウロたえる我が家。。。いちいち高い。。。
バックパックを背負いエルサレム旧市街を歩くものの、観光客で統一されている聖地では、何だかゆっくり滞在する気になれず。。。どうしたもんかと。。。
お茶でもゆっくり飲みながら宿探しも、この物価の高さではできるわけがない。。。


そんなところに突然、赤色チェック柄の布を被ったアラブ人に声をかけられる。c0158636_19404589.jpg
(写真:縦横の変換わからんから、首をかしげて見てね 、笑)

彼は、世界に平和を唱え活動し続けている有名な聖者「イブラハム」氏。67歳。

イエスキリストが御昇天し、ユダヤ教の最終巡礼のメシアが救いに来る地「オリーブ山」に、彼のご自宅があり、そこはPEACE OPEN HOUSE。
ユダヤ人街の中、アラブ人(パレスチナ人)なので法外な税金を課せられているが、自分の生まれた地を譲ることが出来ないと、世界に平和を伝え歩いているおじいさんの手料理付。
ここに、ドネーションで滞在させてもらえる。本当にピースフルマインドな人。
ユダヤ人とご近所付き合いの生活の中でも、「隣人から愛せ」と唱える輝く眼をした聖人。
普段なかなか安心して眠る事のできない旅路、ここはめっちゃ眠れる。死を感じるほど。

屋上からは、世界最大聖地「エルサレム」を一望できるが、麓はユダヤ人の墓場、パレスチナ自治区との分離の壁も目下にある。
このパレスチナ自治区「ベツレヘム」は、イスラム教徒が多く住むが「イエスキリスト」生誕の地。
テロ扱いを受けているパレスチナ人達は、とても暖かく親切な人々で穏やかな雰囲気を感じた。ここでたった8年前に「聖誕教会」がイスラエル軍に包囲されたのが信じがたいほどだった。



そしてそのユダヤ人達がたった100年で創り上げたという、完全に都市計画された芸術の街「テルアビブ」へ。
テルアビブっ子達は仕事帰りに地中海へドボン。
さすが、ビキニやTバック発祥の地、グラマラスな美女多し。
週末の街は完全に停止し、全員ビーチへ。地中海に沈む夕日を眺めながら、カフェやバーでシーフード。
1990年(だったっけ?)の湾岸戦争で爆撃食らったとは思えないほどの、生活しやすい都会は、車道と歩道はフラットで車椅子の人たちも楽しそう、緑の木々の開放的な雰囲気の中ペチャクチャおしゃべり。
イスラエル人こんな生活してたんか!面白すぎる!
アーティスト生活レベル高すぎる!

この「ペチャクチャ」文化が、今テルアビブっ子の流行!
「PECHA KUCHA」という芸術討論会も開かれている。
南青山や表参道をもっとゆる~~くし、地中海沿いに持ってきちゃったという感じの、海の見える素敵おしゃれタウンは、そこら中のオープンテラスで老若男女が開放的ファッションで「ペチャクチャ」
寿司バーもオープンテラス。。公園や通りにある。暑い気候で鮮度は保てるのだろうか??

寿司メニューは「MANGA MAKI」とか「INARI」、「PANKO」。
「MANGA MAKI]=説明不可(笑
「PANKO」=パイナップルと鶏肉を裏巻きし、衣をつけて揚げたモノ。
「INARI」=甘く煮た油揚げの中に、スパイシーマヨネーズを混ぜたアボガドとマグロを入れたモノ。
斬新すぎるでしょイスラエルスタイル寿司。

イスラエル友人宅で、この寿司風デリバリーしてみる。7パックで7000円ほど。
ドミトリー1ベッド70NIS~ (1750円位~)の物価指数。
テルアビブの中心街は、ヘタすりゃ日本以上の物価。
バックパッカー滞在不可。。いちいち何するにも高級すぎる街で、有難いことに友人宅滞在。

このイスラエル友人が、蓋を開けてみたら映画脚本家&監督で、どうやらその世界ではがんばっている人。すごい人。
自宅のスタジオでは、映像編集している段階で、毎日この家には、俳優やシンガーが訪れてます。
芸術の街テルアビブの生きているアートシーンが見たかった我が家にとって、いきなり直球ド真ん中!!
面白すぎるイスラエル!夢の国ディズニーランド!

彼が1年半かけて脚本&映像製作し、明日は最終撮影日。という大切な日に、我が家到着。
しかもオープニング映像撮影で、日本人DJ役を探していたなんていう展開で。
神は信じてないけど、何にも変えられないタイミングがあるんだと、友人説。


なので、旦那「DJ JET STREAM」イスラエル映画俳優デビューです(笑c0158636_2272490.jpg












「ジャンポール ゴルチェ」着せられてます。
映画館のでっかいスクリーンに旦那の顔がバァ~~~ンと。
怪しいアジア人として出演です(笑



(写真:モニター映像)
c0158636_2282177.jpg

[PR]
by laidbacktrip | 2010-07-27 01:35 | イスラエル