「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:スリランカ( 1 )

9カ国目!スリランカ!!

2009/03/20~03/31

インドの先、水平線にうっすら見えるスリランカ、目と鼻のの先だが陸路では渡れない。。
北部スリランカは20年以上もLTTE(タミル過激派)VSシンハラ派の内戦が続いている。現在は北東部25KM圏内に抑え込んでいるが、抑えた分の反撃テロの危険性高く、首都コロンボや空港など人の集まる所を中心にライフルを持ったアーミーやポリスチェック(外国人は対象外なんだよね)。。小さな世界でドンパチですわ。。国外に出ている情報と矛盾があるのは、どこも同じだね。

そんなこんなで陸路旅1年3ヶ月を経てこだわり捨ててGO!
初飛行機で9カ国目[スリランカ]さすが南方仏教発祥地、仏教国ならではの微笑みの国。しかもこんなに緑豊かな国は初めてかも。
長期に渡り情勢不安とは思えないほど、山や海にはカラフルな鳥、奇抜で甘いフルーツ、大きくて艷やかな花、それらを島ごと包み込む巨木群。自然も人々の笑顔もとびっきり豊か (関係ないけど、演歌歌手の山川豊ってすごい 名前だな 笑)


[セレンディピティ(偶然の幸福を掴む才能)]
[セレンティブ]=[スリランカ]を意味する古アラブ語。

さっそく我が家がっちり掴みました。笑


この旅初飛行機でビジネスクラス最前列シート!!
何故だかわからない偶然性に興奮!はしゃぎすぎてスチュワーデスにおやつ貰いました(完全に子供扱いやなぁ) がっちり 笑


:空港~(バス2h)~コロンボ~(電車6h)アヌラダプラ:

さっそく首都コロンボ公共バス内のモギリにボッタクラレそうになり、
[そりゃないわぁ~オッチャン、チケット高過ぎやで~!!わはははあああ~!!]と笑い飛ばしていたら、横に座っていた元横浜タイヤのボス(スリランカ人おじいさん)に助けられ、不当金額トラップから見事抜けた。がっちり 笑

情報もガイドブックも持っていない我が家。。。電車内でツーリスト会社勤務の青年がガイドブックをプレゼントしてくれ、別のオジサンには10日間のスリランカコース作りをしてもらい、売り子の青年には[僕の勤務終了だから]と残り品のアイスをもらった。やたらと親切を受けまくった。がっちり 笑

仏教聖地アヌラダプラに夜7時到着。駅で声をかけてきた宿の客引きの車に乗り、少し高めの宿へ。夜も暮れたし、宿探しも大変なので少々高くても宿泊しようかと思っていたが。。
この客引きのオジサンが[世界遺産アヌラダプラの入場料を俺の力で半額にしてやる(たぶんバクシシー)]と誘ってくる。。胡散臭すぎる。。
[おまえの事は信用できん!]と隣の宿[LAKE VIEW ゲストハウス]へ逃げ込んだら当たり宿!!
スリランカ一泊目ナイス当てました!オーナーのおじいさんのもてなしの心が美しく、某ガイドブック(日本)にも掲載されている有名おじいさんだった。がっちり 笑

[世界遺産アヌラダプラ]これぞ!生きている聖地なステキ町を自転車でグルグルしたが、チケット売り場(25US$高いなぁ)もチケットチェックも無く、結局無賃。がっちり 笑


:アヌラダプラ~(バス1h)~ダンブッラ~(バス1h)~シーギリヤ:

有名な岩。これも世界遺産(28US$、表スリランカ観光高額です)この後、観光局といろいろやって(詳細書けず。。笑)日本の競争社会に揉まれた脳味噌完全勝利宣言!笑
岩場に巨大蜂の巣。。
この蜂の巣が爆烈し大量に暴れ出し何百人もの観光客が襲われ。。搬送。。

我が家が行ったのは事件前日だった。。


:ダンブッラ~(バス1、5h)~キャンディー:

生まれて初めて級の美味しい紅茶に出会った!びっくりするほど美味い花の味!セイロン茶葉はほとんど英国などの輸出用なので、スリランカ庶民はダストティーを飲んでいるらしい&そのお茶ウケとしてパン食が多く、アフタヌンティー気取りでローカル食堂で楽しむパンはプラスティクの篭入り。。

バスを待っている時に。。2004年インド洋大津波で、嫁も子供も海に流され戻って来なかったと人生を語ってくれた笑顔の優しいおじさんに出会った。
[5年近く経った今でも頭の中の75%はその事で埋まっているよ。でも君たちに話をしたら光が差し込んだよ(ニッコリ]
おじさん完全に上手です。私達に胸の痛む思いをさせないように話の最後を明るくしめた。おじさんは素晴らしい道徳心の持ち主で、今はその津波で親を無くしてしまった子供たちを引き取って育てている。
悟りと利他心、南方仏教の心に触れました。


キャンディー~(電車3h)~ハットン~(バス1、5h)~スリパーダ聖山(ナラタニア村):

キリスト教、イスラム教、ヒンドゥー教、仏教の総合聖山。御来光を拝んだ。


スリパーダ聖山(ナラタニア村)~(バス1、5h)~ハットン~(電車4h)~エッラ:

アジア1の楽しい車窓。スリランカの旅は電車がオススメ!茶畑の丘がいくつも重なり、緑のラインのうねりがどこまでも続く雄大な英国的枯山水(わかりにくいなぁ 笑)
是非、右側のシートを!
我が家お気に入りの[エッラ村]小さくて静かな村では、通りをすれ違う人全員ニッコリ[あ~ゆ~ぼ~わぁ~ん!](意味こんにちは&長生きで!)此処でスリランカ料理をタラ腹やり切る。バナナ葉にカルダモンとシナモンで炊いた白米&野菜カレー。スパイスが新鮮!森の深い音の響を聞きながらテラスで夕食!至福の時!(フォレスト パラダイス ホテル 宿700RS ホットシャワー&トイレ 綺麗)


エッラ~(バス6h)~ウナハトゥナ

エメラルド色の海。南島のビーチライフ。
バックパッカー貧乏ド根性生活脱出。ローシーズンでお値打ち(5000RSを1000RSにネゴした)のオーシャンビューでプチラグジュアリ。今後の旅路、当分ビーチライフお預けなので。。次はドバイ?トルコ?どっちにしろアジアプライスでは無くなるので、駆け抜けたスリランカ旅を開放。
ゆっくり~のんびり~何もしない 笑


ウナハトゥナ~(電車3h)~コロンボ

表スリランカを大満喫した後は、裏スリランカ 笑。

あの人に会ってきました。
激動の人生を送るあの人。
宇宙からやって来たと言って強制送還されたあの人。
パーティー野郎デー!
デーの実家でママが作るカレーを食べました。

[ウララララ~~~!!!]笑
[PR]
by laidbacktrip | 2009-03-31 17:21 | スリランカ | Comments(0)