カテゴリ:タイ( 22 )

日本から世界に対する立ち位置の確認

我が家の地球一周旅日本編の旅路のお供頂いた皆々様、まことにありがとうございました。
ズッコケまくりのスッテンテンな旅の日常を垣間見て楽しんで頂けたでしょうか?
これからもこんな調子でゆるく世界を渡り歩いていっちゃいます。

もちろん出国時もズッコ家まくって友人や家族を巻き込みまくり
フライト時間間違えたり、荷物再検査で館内放送呼び出しくらったりしながらも...

なんとか飛び乗った飛行機の窓からしばらく離れる日本を覗けば....
空港のスカイデッキから大きく手を振って見送ってくれる友人や家族
流石に我が家ふたりとも涙してしまいました。
見える筈ない逆光の機体の小さな窓から、みんなの姿が見えなくなるまで手を振り続けていました。

再会を共にした方も時間が許されなかった方もみんなありがとうござました。
楽しかった---感謝!!



ズッコ家は, [平和的狂気]と[人々]と[文化]を尊重し、[創造力]と[健康]を体に託し、[自分哲学]を胸に歩み続けていきます。


てなわけで、今はエロくて蒸し暑いバンコクで友人たちに囲まれ夏気分しています。
世界のどこに行っても人々の温かい環。あいかわらず人々に恵まれています。ありがたいなぁ〜


どんどん繋げて 笑顔と平和と調和の光や音を地球上に広げていけたらいいなぁ

Thank you for every thing!
BIG THANKS!! BIG LOVE!!
ENJOY YOUR LIFE WITH LOVE&PEACE!!
[PR]
by laidbacktrip | 2009-11-05 14:43 | タイ | Comments(1)

渦巻くエネルギー

2008年4月24日~27日

旦那の大学時代、1999年のハンガリー皆既日食の旅での出会いが、今、此処バンコクに繋がり、バンコク在住の夜行性の女性と合流を果たす(日本を出る前に旦那が音源を預けた京都の粋な美容師繋がり)
人間同士の旅路は10年以上も続いている、そしてこれからも~

バンコクで食したかった海老や卵蟹の有名店へ

その女性と店の前で合流の約束だったのだが。。。
私たちが先に到着したのだが、その有名店が閉まっている。。

店の前にいるトゥクトゥクのおじさんが「2号店があるから案内する」と言う。
しかも移動費は店が持つので是非なんていうサービス。

私たちは空腹だったため、2号店に先に移動してその女性と待ち合わせえをしおうと考えたが、彼女の電話の一言目が「本当に閉まっているの?」 疑いの言葉。

ごもっとも 此処はバンコクだ!いろんなトラップがある!

彼女と合流したのちトゥクトゥクのおじさんに流暢なタイ語で真実を吐かせると。。
どうやら2号店というのは、俺流の2号店であって有名店の2号店では無かった。
トゥクトゥクに乗せてどうにかこうにか金を取ろうとする罠だった。


お腹をすかせた一見さんの私たちは危なく知らずにおじさんに着いて行くところだった。

さすがバンコク  いろんなところに見えないトラップが仕掛けてあるなぁ~


有難い出会いのおかげでバンコクの夜の街を現場目線で案内してもらい
俗欲渦巻くパッポン通りのゴーゴーバーやゴーゴーボーイ店など、個人で行ったら確実にボラレルであろう怪しげな店も、彼女のパワーで大人の社会見学をさせてもらった。

いろんな角度からの世界を見た夜は大笑いだった~特に嫁。

バンコク在住者のおかげで面白おかしく都会の渦を楽しませてもらった。
現場精通した人との出会いは有難い大きな存在。
[PR]
by laidbacktrip | 2008-04-24 16:10 | タイ | Comments(0)

ネクストステージ

2008年4月23日 マレーシア国境「スンガイゴロク」~「バンコク」

列車の中から水田と椰子の木の陰に色づく朝焼けの美しい流れる景色
たまには列車の旅もいいもんだな~なんてしみじみだが、体はカチコチ。。

AM8時45分バンコク着の予定 やはりの10時着
いつもどおり遅れてマイペンラ~イ。

バンコク駅に降り立つと、なぜだか旅のスタート地に立った様に感じ、またリフレッシュした気分で始まる旅。午前中に到着したことが新鮮だった

そして今回のバンコクステイは、カオサンSTではなくルンビに公園側の旅の大先輩が教えてくれた日本人管理人のいる宿(朝食フリー)いい基地が出来た。

世界中の旅人の交差点の此処バンコクで、次への旅路や情勢の情報収集

今夜はパンガン島でPARTY合宿したメンバーの送別会
ドイツへ日本へオーストアリアへと

また世界のどこかで~~~~~~!!!
[PR]
by laidbacktrip | 2008-04-23 15:56 | タイ | Comments(0)

島を離れてどこへ向かう??

次の目的地は、マレーシア南シナ海に浮かぶ小さな小さな島での。。
懲りずに、フルムーンパーティーへ(笑

ひょんな事からこのPARTYの明け方でDJ トリを務める事に~
詳細はDJ JET STRAMのBLOGから

http://blog.livedoor.jp/dj_jetstream/
[PR]
by laidbacktrip | 2008-04-17 15:45 | タイ | Comments(0)

パンガン島 後編

2008年4月14日~16日


アイランドカフェINパンガンにて旦那がDJジャックする

小学校建設寄付金PARTY

ゴルバチョフ化する旦那

詳細はPC環境がよくなり次第UP致します。
[PR]
by laidbacktrip | 2008-04-14 15:37 | タイ | Comments(0)

あけましておめでとう!

タイの正月「ソンクラ~ン」
旅をしているといろんな国や民族の行事に出くわす。
「ソンクラーン」の水掛け祭りは、北部タイがメッカだが、それを避けるように私たちは南の島に来た(タイブレイクのためもあったが)
しかし、正月!
島人もウキウキNEW YEAR!

今年3回目のあけましておめでとう!
1月1日を中国:成都の日本人宿で祝い
2月7日チャイニーズニューイヤーをラオス:タイダム族の集落で祝い
4月13日タイ正月を此処パンガン島で祝う

表の通りでは、待ってましたと言わんばかりに子供も大人も水掛け祭りを楽しんでいる。
チェンマイのメッカとは規模が違い、優しい微笑みと共に聖水を少し掛け合いましょうという程度でホッ~
[PR]
by laidbacktrip | 2008-04-13 23:41 | タイ | Comments(0)

ずっこけ隊長率いる

2008年4月11日~12日 タイブレイク合宿 その1

1泊だけの鼻で笑っちゃう様なセレブリゾートを後にして、パーティー会場のある「トンナイパンノイ」ビーチへ宿を移す。山の中腹にポツンポツンと建つコテージは10軒ほどで、隣のコテージが見えない様に配慮された設計、各々のプライベート空間と背の高い椰子の木々が広がる。そして此処は少し小高い所に建っているので見晴らしの良さと心地良い風が最高の宿。ビーチまで徒歩3分で1泊ダブル250B。ローカル食堂も隣接しており安心価格のズッコ家5つ星!

10軒中の4軒を私たち7名で借りているのだが他のお客がいなく貸切状態、誣いて言えば7名ではなく8名だとキリが良いな~なんて思って、お転婆な嫁が2階から身を乗り出すと。。
目下の道路に友人がフラフラ~っと歩いている!!!ルアンパバン繋がりの女性が!
思った通りの嬉しい再開!!

すべて駒は揃った!

もう何が起きても驚くことはないほどのシンクロの連続!

この流れ!完全に軌道に乗っかったぁ~~!

面白すぎる!これぞ道づれ?導きの旅!
このメンバーは何かある予感がする。
ドイツ、沖縄、東京、タイ、オーストラリア、北海道と私たち名古屋とみんな世界各地から1点に集結、全員何かしらの一流を持った人々。

思い描いたビジョンが現実を超え始めたぁ~!
後は進むのみ!

素晴らしい仲間に出会えた、出会ってしまった、と全員が感じている事が伝わる。


ドイツ代表ズッコケ隊長率いる30歳代の8名は、ギンギンなキャピ度数高めのビーチが苦手なようで、場末のスナックで何か新しい事始めました的な絶妙なバランスがお好きな様子。
比較的穏やかで建物も少なく、地元人の生活に溶け込む事が少しでも感じられる日々は、何度も「贅沢すぎるぅ~~~~~~~!」という瞬間を心に刻んだだろうか?
[PR]
by laidbacktrip | 2008-04-11 23:07 | タイ | Comments(0)

大人の修学旅行

大量のバックパックとバックパッカーを乗せて、いざパンガン島へ出港!!

この時期はフルムーンでもなく、ブラックムーンでもなく、学生パッカーのシーズンでもないので、日本人は私達7名のみ、欧米人もご年配の方などが乗船しており、パンガン島へ向かう割には落ち着いた雰囲気の船内。もっと意気ってデッキでポイ回して踊りだす奴とかいるんかと思っていたが。。(朝早いのに弱いだけかも)

この旅、初ビーチ!!!
待ってました!!
このメンバーも必然としか思わずにいられない!

青い空!
紺碧の海!
東南アジア代表のパーティー島!


私達がルアンパバンから旅の歩を早めたのは、「THAI BREAK」のため。
■ThaiBreak
http://www.thaibreak.net

実は前々から情報は知っていたのだが、私達は旅の速度を変えてまでパンガン島まで行こうか迷っていた時に、今の仲間のドイツ組にルアンパバンの満月で背中をポーンと押された。

旅は道ずれ~


タイブレイクの会場のビーチは、北西にあり、観光ポイントも大きなパーティー会場も真逆を位置し、アクセス悪いためツーリストも少なく静かで物売りなども一切いない
ホワイトサンドビーチは、目前はエメラルドに輝く海波の音だけが響く完全に穴場的ビーチ。

此処バブリーパンガン島の中では比較的物価が安い「トンナイパンビーチ」
初日はみんなでプール付コテージで優雅にリゾート気分を満喫。
(1泊だけだと自分に言い聞かせて。。)
実際はダブルで400B(1B×3.3=円)こんな価格ではビーチリゾート宿泊不可のパンガン島
話によると、この条件だと3000B以上のプライス。

正直言って、パンガン島はギンギンは場所だと覚悟して来たが、こんなに緩い雰囲気のビーチもあるもんだと7名で穴場に嵌り、旅の流れの良さに皆でニヤリ。



予想や期待を裏切らない大人のビーチパーティー
遊び方を熟知している人々ばかりで下品な馬鹿騒ぎは一つもない
満天の星屑の下で安心して白砂の上を裸足で踊れる喜び

テクノ王国ドイツからずらりと強者が集結
予想以上の音のよさと美しいビーチに程よい規模

完璧すぎる!!!!


初日ですでに感無量!!
これが後6日間もあるなんて!!

パーティー合宿の始まり始まり~

音に関してはこちらを↓↓
http://blog.livedoor.jp/dj_jetstream/
[PR]
by laidbacktrip | 2008-04-10 14:56 | タイ | Comments(0)

いきなり南の島でバカンス

バンコクたった1泊(通過しただけ)でパンガン島へ向かう事に

先月のラオス、ルアンパバンの満月での出会いから、この流れに乗るためにルートを調節しながら旅を続けて来たと言っても過言でない。
30歳を過ぎて一頻りPARTYでも遊んでいるのに、何故今頃乱闘が絶えないフルムーンパーティーの噂も耳にしているパンガンへ行くのだろうか?

しかし、ルアンパバンでの満月
偶然という必然の、旅音人との出会いは大きかった。

7名日本人でPM7時バンコク発~パンガン行き
普段、こんな大人数で移動なんて考えられないが、みんな30歳代で海外在住者、各々が楽しめるポイントを持っており、思いやり優しさも兼ね備え素晴らしいメンバーに私達も乗っかって、長い旅の一幕を色濃く飾るショートトリップになる予感とビジョンに胸躍らしっぱなし。


PM7時にバンコクを発車したバスは、0時に休憩を挟み AM3時にどこだかわからない所へ到着。。眠い~ボケボケの私達はそのままバスから降ろされる。。どこだろう??
どうやら仮眠所らしくAM6時まで寝る展開だが、全く説明はない。
アジアを旅して感じる事は、如何に日本が過保護であるかという事、オンブにダッコの過剰な説明に飼い慣らされていると説明がないと動けない状態に。。

2,3時間仮眠したのち再びバスに乗り、船乗り場到着。
時間調節のための仮眠所はゴザが敷き詰められている雑魚寝場だった。
長時間バスに座りっぱなしの体を横に出来るのは良く出来たシステムだな~
昔、旦那が旅した時には、どうしようもないレストランにブッコマレルだけだったのに、交通機関提供側も進化してるなぁ~
[PR]
by laidbacktrip | 2008-04-09 14:29 | タイ | Comments(0)

第二都市~国際都市バンコク

3日間のチェンマイ 
短すぎるが、今は動く時期のようで、水掛け祭りの水がかかるのを避ける、逃げる様に歩を進めて、バンコク行きのバスに飛び乗る。 

チェンマイ~バンコク 10時間 
2等車のチケットを購入したがなぜかVIPバス。
映画上映、エアコン付き,2階建てバス。(私達は子供の特等席、2階の一番前の席)
この高級車というか、宇宙船ならバンコクまでの10時間は、まるでテレポーテーションみたいなもんやな~

しかしこのバス。。全くツーリストが乗ってない。。
黄金ルートのチェンマイ~バンコクなのに。。。
な~ぜ~??

何故って?ツーリストバスじゃないから。ローカルバスだから。。

友人にチェンマイ古城からバンコクカオサンSTまでのツーリストバスが一番安くて便利と教えてもらっていたのに、初歩的ミスであえて50Bほど高く不便なローカルバス。
此処タイにいて、笑えるほどツーリストがいない。
どうしてこうも私達はローカルな方へ行ってしまうのだろうか??

宇宙船バンコク号は、快適ではあるが大幅な渋滞にまかれ、やはり到着時間に着かず。。
カオサンで待ち合わせしていた名古屋のトライバルなお兄ちゃんとの夕食会にも参加できず。。
(のちのち連絡できずに心配をかけてしまった)

10年前の奇薄な記憶を頼りにカオサンSTへ。
バックパッカーの登竜門、国際旅人交差点。

笑っちゃうほどギシギシです。
[PR]
by laidbacktrip | 2008-04-08 14:02 | タイ | Comments(0)