ハニ族 1年1度 長街宴!!!

朝目覚めると窓の外は、頭上に雲がある。
こんな当然の様な事が、8日間雲に意識を向けすぎて生活した意識付けの方向に、改めて心のあり方次第でいくらでも理智は変えられるもんやな~なんて考えてみる今日は、1年1度の食の祭典@HABO村!!!!!!!1KMにも渡る食卓がHABO村の道!ハニ族の食事が並ぶ!!

鼻息荒めで私たちはHABO村までのバスを探すがやはり無い。。
祭りは本当に今日行われる様だ。
私たちは、あまりにドンピシャすぎて月1で行われているんじゃないかと何度も確認疑いをかけていた。
祭プライス外国人プライスで祭プライス。。6倍8倍の値段を吹っ掛けて来る。。

交渉続きで困っていた所に一人の女の子が声をかけてくれて、ミニバスを一緒に交渉してくれることに!アイドル登場!見事に15元でミニバスゲット!
バスにはすでに3人の女性先客(ロッケンローラー見たく頼もしい中国人)
で、車内は祭りに向けてワクワク感で盛り上がり、言葉通じずも仲良くなった。

HABO村に到着してもロッケンローラー3人組は私らにくっついて来い的流れで、現地人の目線での遊び方の方が文化に触れられるし、実際仲良くなったので仲間としてついていくと。。
この3人組み(私たちはHABOレディースと呼んでいた)
何者なのかわからないが来賓客用のパスを受け取っている。しかも私たちの分もくれた!!
さらに来賓用の記念品やお土産まで渡され、何かが始まっている??VIP??

ハニ族の1年1度行なわれる長街宴の空気感を味わえるだけでも十分だと思っていたが、今、自分の首に掛かっている赤色と金色の来賓パスは何なのか?何か凄みを感じる。

一体、バスで偶然仲良くなったノリの良いレディースは何者なのか??

どんどん村の中へ進むと、レディース3人組が明らかに偉そうなオジサマと話をしている。町長か?族長か?数千人ほどの人の群れの中で祭りの頭と話が出来るなんて、このレディース3人組何者なのだろうか?

すでに1KM連なる食卓には隙間無く料理が飾られ、いろんな酒もスタンバイされていて、座っているのはハニ族のご年配の方々のみ、他の人々は乾杯や食事が一通り終わってから座る事が出来る。この周りをザワザワと中国人ツアー客、日本人ツアー客が囲み、メディアカメラクルーなども数十台も屋根の上からハニ族の伝統的祭りを望遠レンズで狙っている。

私たちも人だかりに混ざっていると、先ほどのお偉いオジサマが、
「日本から来た2名だから仲良くしておくれ」と恐れ多くもハニ族100名ほどの列の中、上から4番目の席に座らせてくれたのだぁ!!!!!!

すごい事になってしまったぁ~~~~~~~日本からの来賓になってしまった~~~~
(私たちでいいのだろうか??)


ウルルン滞在○ TV番組並のゲストポジション!!!!
私たち以外は全員、青い正装したハニ族!!
普段着の私たち達は完全にフォトジェニックとして邪魔な場所に座っている。
長老がすぐそばにいて、一緒に乾杯できてしまうじゃないか!?

何度も言うが、祭りの日に立ち会えただけでも幸福だと思っていたが、ここまでくると強運なのかなんなのか??

長街宴の作法を教えられる。
1.食べ物は箸で取る
2.口につける前に食べ物を落とさない
3.箸は机に並べて置く
4.ドリンクは机に置かない(向かいの人には机下から渡す)

以上、日本のお作法の神様にお供えしたお下がりを頂戴致すの意と変わらないので問題無し。

長老の合図でAN DAI DOU(乾杯)
ハニ族のお婆さん達と50度の白酒を交わす!
こんな経験に出会えるなんて幸せだ!涙が出る!
お婆さん達も食べろ、飲めと遠慮はいらんと勧めてくれる!

!!!1KMに渡る大大大大宴会!!!

棚田を守り、健康を守り、これからの豊作を願う宴!
米や野菜は無く、肉と魚とゲテモノばかりだったがどれも美味でハニ族と共にすばらしい経験をした。

最後は、とても仲良くなったレディース3人組の家へ行き、高級車で送ってもらったが、
この女達、最後まで何者かわからなかった。。c0158636_1532463.jpg
[PR]
by laidbacktrip | 2008-01-27 14:30 | 中国 | Comments(2)
Commented by iris at 2008-01-31 12:23 x
すごいね〜。また鳥肌だよ〜。いい旅続けてね〜。
Commented by kimo at 2008-01-31 12:25 x
すごいよ~
すごすぎるよ~
<< 緑春から江城 元陽から緑春へ >>